MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

「Nhow Amsterdam RAI Hotel」3つの三角形を重ねた高層ビルがアムステルダムに誕生!


オランダの建築設計事務所OMAは、3つの三角形のボリュームを重ねて作られた24階建ての高層ビル「Nhow Amsterdam RAI Hotel」をアムステルダムに建設しました。オープン時の客室数は650室で、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクのグループであるベネルクス最大のホテルとなります。

【出展元】
how Amsterdam Rai
METALOCUS 

 

 

ユニークな形をしたこの建物は、ゲストや地元の人々が近代建築の良さを楽しむことができるように、面白さと楽しさの両方を提供することを目的としています。OMAのパートナーであるReinier de Graafは「現代性を再び楽しむことを学ぶことが重要だと考えている」と語りました。

3つの三角形のボリュームにはホテルの客室が入り、各階に24~36室の客室が配置され、街並みを一望できるようになっています。

 

 

このホテルはRAIコンベンションセンターに隣接しており、その特徴的な形は、かつて地元で最も高い建物であった広告塔をモチーフにしています。

隣接する複合施設が建設された1961年当時、この柱はこの地域で最も高い構造物でしたが、それ以来、近隣に建設された多くのより高いオフィスビルに追い越されてしまいました。このにインスピレーションを受けたこのホテルは、RAIコンプレックスの延長線上にあると同時に、新しいコンテクストの一部として、大きくに変化した街並みの中でRAIに新たな存在感を与えています。

 

 

 

「Nhow Amsterdam RAI Hotel」は、北にはアムステルダムの旧市街、南西には空港、南東にはアムステルダムの近代的なエクステンションの3つの主要な景色に向けて客室を配置しています。

 

 

 

 

ビルは2階建ての円形の上にあり、1階にはショップ、1階にはホテルのラウンジとバーが入っています。建物の最上階にはミーティングスペースと会議室、放送スタジオがあり、テレビ番組が放送される予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE