【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

阪急不動産がインドネシアに初進出!計画中のタワーマンションは「マリーナ ベイ サンズ」の様な3連結のシンボリックなデザイン



阪急不動産は、2018年2月19日付のニュースリリースで、インドネシアの現地ディベロッパー「スントゥールシティ社」と「住友商事」が推進するマンション分譲事業に参画すると発表しました。このプロジェクトは、同社にとってインドネシアにおける初の住宅事業で、ベトナム・タイ・フィリピンに続く4ヶ国目の海外進出となります。

プロジェクトの規模は、開発面積25,086㎡、総戸数1095戸、3棟構成のマンション分譲事業で、スントゥール地区における大型複合開発プロジェクトの一部です。低層部では、「(仮称)イオンモール Sentul City」(2018年12月竣工予定)が建設中で、同地区のランドマークとなる予定です。また、ジャカルタ中心部とボゴールを結ぶ主要高速道路であるジャゴラウィ高速道路のインターチェンジ至近に立地しているほか、周辺に次世代型交通システム(LRT)の新駅が計画されるなど、高いアクセス性を有しています。

【出典元】
阪急不動産:インドネシアでの住宅開発事業に初進出(PDF)

※アリー my dearさんから情報を頂きました、ありがとう御座いました!

 

3棟構成のタワーマンションは「マリーナ ベイ サンズ」の様なデザイン!

 

発表された完成予想パースを見て驚きました。3棟構成のタワーマンションは頂部で連結されており、その外観はシンガポールの「マリーナベイサンズ」を彷彿とさせる物です。日本は地震が多く建物にかかるコストが全く違う等、条件の違いを考えても素直に羨ましい限りです。こんなタワーマンションが大阪の咲洲などにできれば最高ですね。

 

【プロジェクトの概要】
タイプ:マンション(3棟構成)
建設地:インドネシア 西ジャワ州 ボゴール県
竣工予定:2019年5月
開発面積:25,086㎡
総戸数:1,095戸(3棟合計)
総事業費:1兆4728億IDR≒約122億円
計画位置:西ジャワ州ボゴール県スントゥールエリア
事業比率:阪急不動産25%、住友商事45%、スントゥールシティ社30%

1 Comment

アリー my dear

このマンションの屋上部分は、やはりプールが出来るのでしょうか? マリーナベイサンズはホテルですけれど、ここの場合は利用できるのは入居者限定とか、そういうことなのでしょうか?
その辺は全くわかりませんが、出来上がった姿は見てみたいです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。