新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

【2019年10月オープン】コートヤード・バイ・ マリオット大阪本町の建設状況 19.10



サンフロンティア不動産は、大阪都心部の堺筋本町の駐車場跡地に17階建てのホテルを開発しています。新築工事は2017年12月初旬に着工し2019年7月の完成を予定してますが、同社の株主総会の資料を見ると、ホテルブランドはコートヤード・バイ・ マリオット大阪本町と記載されており、大阪都心部に3件目のマリオットブランドのホテルの進出が明らかになりました。

【出典元】
 19回定時株主総会 株主懇談会 – サンフロンティア不動産

【過去記事】
コートヤード・バイ・ マリオット大阪本町の建設状況 19.09
コートヤード・バイ・ マリオット大阪本町の建設状況 19.07
コートヤード・バイ・ マリオット大阪本町の建設状況 19.06
コートヤード・バイ・ マリオット大阪本町の建設状況 19.05
コートヤード・バイ・ マリオット大阪本町の建設状況 19.04
コートヤード・バイ・ マリオット大阪本町の建設状況 19.03
コートヤード・バイ・ マリオット大阪本町が入居する(仮称)大阪本町ホテル計画の状況 18.12
コートヤード・バイ・ マリオット大阪本町が入居する(仮称)大阪本町ホテル計画の状況 18.11
コートヤード・バイ・ マリオット大阪本町〜サンフロンティア不動産が大阪・堺筋本町近くに出店!
三井住友ファイナンス&リースが手がける(仮称)大阪本町ホテル計画の建設状況 18.06




【スペック】
名称:コートヤード・バイ・ マリオット大阪本町
計画名称:(仮称)大阪本町ホテル計画
所在地大阪市中央区南本町2丁目21番1他(地名地番)
階数:地上17階、地下1階
高さ:64.77m ※軒高59.99m
構造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
杭・基礎 :
主用途:ホテル、飲食店
客室数:
敷地面積:754.75㎡
建築面積:554.99㎡
延床面積:8,204.77㎡ ※容積対象面積:7,543.34㎡
建築主:三井住友ファイナンス&リース
設計者:久米設計
施工者:奥村組
着工:201712
竣工:201910


客室の完成イメージです。標準的な客室タイプ「アンビシャスキング」「アンビシャスツイン」は約24㎡、一回り大きな客室タイプ「コラボレーションキング」「コラボレーションツイン」が30.4㎡となっています。

 

 

 

 

 

2019年10月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2019年9月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 

 

 

 

前回取材時外構工事が行われていましたが完成しており、コートヤード・バイ・ マリオット大阪本町は竣工した様子です。

 

 

 

 

メインエントランス付近の様子です。シンプルながら高級感を感じさせる上質なデザインです。

 

 

 

 

東面の様子です。

 

 

 

 

東側低層部の様子です。1階にM18バー&ラウンジ、ホテルロビー、2階にはSTITCHオールディダイニング等があります。

 

 

 

 

北東側から見た様子です。

 

 

 

 

最後は縦アングルで見た様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です