新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

【2020年初旬オープン】国内最大店舗 『ルイ・ヴィトン御堂筋店』の建設状況 19.09


「ルイ・ヴィトン」は大阪・心斎橋筋2丁目の御堂筋沿いに地上7階建ての複合ビル『(仮称)大阪Mプロジェクト』の建設を進めていますが、日本最大の店舗で世界初のカフェ&レストラン併設店となる『ルイ・ヴィトン御堂筋店』が2020年初旬にオープンする事が明らかになりました。建物のファサードは国内外のルイ・ヴィトン店舗を手掛けてきた青木淳氏が担当し、店舗内装は世界的なブランドの建築設計で知られるニューヨークの建築家、ピーター・マリノ氏がデザインします。

この場所は、元々はみずほ銀行心斎橋支店があった場所で、リーマンショック前の2006年頃にルイ・ヴィトンなどのブランドを展開するLVJ(ルイ・ヴィトン・ジャパン)グループが約100億円で取得しました。面積は約750㎡、坪単価が4000万円を超える高額取引だった為、当時話題を呼びました。一時はルイ・ビトンの仮設店舗がありましたが2016年に解体され更地になっていました。しばらく動きが無かったこの場所ですが、2018年06月に工事に着手し再開計画が動き出しました。

【過去記事】
(仮称)大阪Mプロジェクト「ルイ・ヴィトン」が御堂筋沿いに建設中の複合ビル計画の状況 19.05
(仮称)大阪Mプロジェクト「ルイ・ヴィトン」が御堂筋沿いに建設中の複合ビル計画の状況 19.04
(仮称)大阪Mプロジェクト「ルイ・ヴィトン」が御堂筋沿いに建設中の複合ビル計画の状況 19.03
(仮称)大阪Mプロジェクト「ルイ・ヴィトン」が心斎橋筋2丁目の御堂筋沿いに建設中の複合ビル計画の状況 18.12
(仮称)大阪Mプロジェクト「ルイ・ヴィトン」が心斎橋筋2丁目の御堂筋沿いに建設中の複合ビル計画の状況 18.10
(仮称)大阪Mプロジェクト「ルイ・ヴィトン」が心斎橋筋2丁目の御堂筋沿いに建設中の複合ビル計画の状況 18.09
(仮称)大阪Mプロジェクト「ルイ・ヴィトン」が心斎橋筋2丁目の御堂筋沿いに建設中の複合ビル計画の状況 18.07
(仮称)大阪Mプロジェクト「ルイ・ヴィトン」が心斎橋筋2丁目の御堂筋沿いに建設予定の複合ビル計画の状況 18.04

 



 

【スペック】
計画名称:(仮称)大阪Mプロジェクト
所在地大阪市中央区心斎橋筋2-8
階数:地上7階、地下
高さ:36.55m
構造鉄骨造
杭・基礎 :
主用途:店舗、飲食店、その他(展示場)、駐車場
総戸数:—-
建築面積:748.77 
敷地面積:640.77 
延床面積:4182.22 
建築主:ルイ・ヴィトン ジャパン株式会社
設計者:大成建設
施工者:大成建設
着工:201806
完成:201911月(予定)

 

 

 

2019年9月の様子

多層階で構成される店内では、ルイ・ヴィトンの製品をフルラインナップで展開し、メンズとウィメンズのウェアやシューズ、アクセサリーをはじめ、トラベルラゲージやフレグランスまで、幅広いアイテムを取り扱います。最上階には、東京のレストラン「SUGALABO」のオーナーシェフ・須賀洋介氏によるカフェ&レストランが併設されます。ルイ・ヴィトンの店舗ビルにカフェ&レストランが併設されるのは世界初となります。

 

 

 

 


日本最大の店舗で世界初のカフェ&レストラン併設店となる為、御堂筋側の外観は凝ったデザインになる・・・と期待しています。

 

 

 

 

最後は裏手側にあたる東側の様子です。こちら側は道路からほとんど見えないので割り切った造りになっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です