【お知らせ】コメント投稿はハンドルネーム・メールアドレス必須となりました。コテハンに「匿名」「匿名A」等の使用は禁止しています

【2022年3月竣工】ラ・トゥールが梅田に進出!(仮称)梅田曽根崎計画の建設状況 19.03


大阪市は、もと大阪北小学校・もと曾根崎幼稚園跡地(6934.51㎡)の周辺地域の活性化を図るため「もと大阪北小学校・もと曾根崎幼稚園跡地」の開発事業について、公募型プロポーザルを実施し、住友不動産が事業予定者に決まりました。住友不動産の事業コンセプトは「曽根崎 Link City」。敷地のポテンシャルを最大限に活かす為、梅田エリア最高峰クラスとなる、地上56階建て、高さ191mのシンボルタワーを創出し、低層部は「リンクプラザ」「リンクモール」及び「リンクガーデン」で繋がる賑い・交流空間が整備する、という計画です。(仮称)梅田曽根崎計画は、住戸のほか、中層部にホテル、低層部に物販・飲食施設や公益施設などが入る複合高層ビルとなります。また、(仮称)梅田曽根崎計画のタワーマンションのブランドは、住友不動産が展開する高級賃貸ブランド「ラ・トゥール」にする方針が伝えられています。

【出典元】
住友不動産>「(仮称)梅田曽根崎計画」 着工
大阪市HP(仮称)梅田曽根崎計画環境影響評価準備書
大阪市HP>もと大阪北小学校・もと曾根崎幼稚園跡地開発事業者募集プロポーザルの事業者が決定しました
建築ニュース

【過去記事】
(仮称)梅田曽根崎計画、もと大阪北小学校跡の再開発の状況 19.02
(仮称)梅田曽根崎計画、もと大阪北小学校跡の再開発の状況 18.12
(仮称)梅田曽根崎計画、もと大阪北小学校跡の再開発の状況 18.11
(仮称)梅田曽根崎計画 住友不動産がもと大阪北小学校跡で計画するホテルと住宅等で構成された超高層複合ビルの状況 18.01
(仮称)梅田曽根崎計画 住友不動産がもと大阪北小学校跡で計画するホテルと住宅等で構成された超高層複合ビルの状況 17.10
(仮称)梅田曽根崎計画 住友不動産がもと大阪北小学校跡で計画するホテルと住宅等で構成された超高層複合ビルの概要が判明!
旧大阪北小学校・曾根崎幼稚園跡地のタワーマンション建設計画「もと大阪北小学校・もと曾根崎幼稚園跡地開発事業」の状況16.03
特報!もと大阪北小学校・曾根崎幼稚園跡地の事業者は住友不動産に決定、52階建ての超高層タワーマンションを建設!



【スペック】
名称:(仮称)梅田曽根崎計画
所在地大阪市北区曽根崎2丁目73番2
階数:地上56階、塔屋2階、地下1階
高さ:191.675m
構造:RC造、一部(SRC造、S造)
杭・基礎 
主用途:共同住宅、ホテル、店舗・貸会議室(文化交流施設)、大阪市管理施設
総戸数:836戸、客室数:202室(ホテル)
敷地面積:6,837.63㎡
建築面積:4,940.65
延床面積:107,560.37㎡(容積対象面積75,160.24㎡)
建築主住友不動産
設計者大林組
施工者大林組
着工:2018年07月
竣工2022年03月(予定)



現地の様子です。前回の撮影が2019年02月だったので約1ヶ月振りの取材です。


前月と同じく掘削工事が行われています。

 

 



アップで見た様子です。



敷地南東側から見た様子です。



北東側から見た様子です。



最後はお初天神側から見た様子です。

 

 

 

 

 

4 Comments

匿名

梅北にマンション計画がオフィス並みに計画されていたが、分譲だけでなく、高級賃貸マンションを計画しているのでわ。
ラトゥールがたぶん成功するだろうが、周辺に与える影響は大きく、大前研一が言うような金持ちが住む街大阪に変わる転機となるわな。

匿名

北側のホテルがかなり成長してますね
上棟したんかな

スライム

大阪では高級賃貸は少なく、需要もあまりありません。
その中で836戸はさすがに供給過剰でしょう

ホテルが800室、高級レジデンスが200室ならバランスが良かったのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です