MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

大阪ガス『ガスビル』西側に「西新ビル」を新築、ガスビルのリノベーション検討!現地の最新状況 22.05


大阪ガスは、2022年4月26日付けのニュースリリースで、大阪ガス都市開発が所有する大阪ガスビルディング(ガスビル)の西側の同社グループ社有地での複合ビル開発と、ガスビルのリノベーションについて検討を開始したと発表しました!

西用地は、現在はコインパーキング等として利用中ですが、保有資産の価値向上を目的に、外部テナントへの賃貸によりオフィスと商業用途に使用する複合ビル『西新ビル』の建設を検討。Daigasグループ本社機能の西新ビルへの移転・集約についても、あわせて検討するとしています。

ガスビル(南館:1933年竣工、北館:1966年竣工)は、歴史的建築物として保存し、用途拡大等に向けたリノベーションを検討。ガスビルの保存方法については、保存検討委員会を設け、学識経験者の意見を伺い検討します。

【出展元】
ガスビル西側での複合ビル開発とガスビルのリノベーションの検討開始について



今回の発表のポイント

1:大阪ガスが、ガスビル西側の所有地に『西新ビル』を計画
2:外部テナントへの賃貸
3:グループ本社機能の移転集約も検討
4:ガスビルは歴史的建築物として保存
5:ガスビルは用途拡大等に向けたリノベーションを実施検討

 

 

計画地はコチラです。日経新聞によると西側敷地は約5000㎡の広さで大規模ビルの建設が可能です。そこに外部テナントへの賃貸を含めた複合ビルを建設するとなると大規模化は必至で、超高層ビルになるのは確実だと思います。またガスビルのリノベーションは用途拡大を検討するとですが、個人的にはフロアの一部が歴史的建造物を生かしたホテル&レストランになると予想しています。

 

 


突如発表されたガスビル西側敷地の再開発構想。西新ビルの概要はこれから詰めるとの事ですが、賃貸オフィスフロアと具グループ本社機能を併せ持った新しいランドマークの誕生に期待が膨らみます。ガスビルの保存とリノベーションが合わせて行われるので、こちらの動向にも注目が集まりそうです。

 

2022年5月の様子


現地の様子です。現在はコインパーキングや各社のマンションギャラリーとして利用されています。

 


南西側から見た様子です。

 

 


北西から見た様子です。大阪都心部に建設中のタワーマンションのマンションギャラリーが複数あります。

 

 

 


北東側から見た様子です。

 

 

 

 


最後はリノベーションが予定されているガスビルの様子です。

2 COMMENTS

さんたん

最低でも100mを、ぜひとも150mぐらい超えてほしいですね。

アリー my dear

ガスビルの西側にあるこの敷地。まとまった広さがあるのにもったいないなあと、ずっと思っていただけにこのニュースはたいへんうれしいですね(*´∀`)♪
そのうえガスビルもリノベーションされると聞き、ダブルのよろこびです(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です