【お知らせ】コメント投稿はハンドルネーム・メールアドレス必須となりました。コテハンに「匿名」「匿名A」等の使用は禁止しています

【2021年春開業】ホテルインターゲート大阪 梅田の建設状況 19.03



サンケイビルと不二鉱は、2019年2月1日付けのニュースリリースで、同社が大阪市北区梅田二丁目で進めている複合ビル開発事業「(仮称)新サンケイビル建替プロジェクト」に入所するホテルブランドを発表しました。この計画は「新サンケイビル」と「サンケイビル別館」を解体し、ホテル、オフィス、店舗からなる複合ビルを建設する再開発計画です。

サンケイビルは、宿泊主体型の新たなホテルブランド「INTERGATE HOTELS(インターゲートホテルズ)」を全国でホテル開発を進めており。2018年3月に京都市、同4月に東京都、19年春に金沢市と広島市で同ブランドのホテル(約150~200室程度)を開業させる計画で、これらを含め、同ブランドのホテルを2020年度までに5棟、25年度までに10棟に増やす計画です。「INTERGATE HOTELS(インターゲートホテルズ)」の運営はグループ企業のグランビスタホテル&リゾートが手掛けます。


以前から「INTERGATE HOTELS」が進出すると言われていましたが、今回の発表で「(仮称)新サンケイビル建替プロジェクト」に入居するホテルブランドが「ホテルインターゲート大阪 梅田」である事が正式に決まりました。このホテルは「INTERGATE HOTELS」の第5号物件となり2021年春の開業予定です。




【出展元】
「INTERGATE HOTELS」第5号物件「ホテルインターゲート大阪 梅田」開発着手のお知らせ

【過去記事】
ホテルインターゲート大阪 梅田の建設状況 19.02
(仮称)新サンケイビル建替プロジェクトの建設状況 19.01
→(仮称)新サンケイビル建替プロジェクトの建設状況 18.11



 


【スペック】
名称:ホテルインターゲート大阪 梅田
計画名称:(仮称)新サンケイビル建替プロジェクト
所在地:大阪市北区梅田2-33-1他
階数:地上18 、塔屋1階、地下
高さ:69.745m
構造:RC造、S造、SRC造
杭・基礎 :
主用途:ホテル、事務所、店舗
客室数:389 室 (予定)
敷地面積:1738.29 
建築面積:1052.62 
延床面積:16,961.30 ㎡ ※容積対象面積:15,303.81㎡
建築主:サンケイビル、不二鉱材
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:201902(予定)
竣工:202009(予定)








現地の様子です。前回の撮影が2019年02月だったので約1ヶ月振りの取材です。











南東側から見た様子です。













北東側がら見た様子です。















内部の様子です。前月と同じく地中障害物撤去工事が行われていました。












最後は計画地と背後に聳えるハービス大阪の様子です。

1 Comment

アリー my dear

現場内部の様子、結構はっきりと見ることができるんですね。
このホテル完成までの期間限定の風景のハービス全景もカッコいいです(^o^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です