MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

ローズウッドホテル京都(ROSEWOOD KYOTO)相国寺北側に三菱地所が開発 現地の最新状況 22.05【2025年度内オープン予定】



最高級ホテルブランド『ローズウッド ホテルズ&リゾーツ』が京都に進出します!

Rosewood HotelsResortsは、世界16か国で27のホテルを運営する国際的な高級ホテルおよびリゾート会社で、現在、香港を拠点とするRosewood HotelGroupが所有しています。 1979年にテキサス州ダラスで石油王H.L.ハントの娘であるキャロラインローズハントによって設立されました。同ホテルの代表的な物件は、ザ カーライル ア ローズウッド ホテル(米国)ローズウッド香港などがあります。日本では2024年に宮古島に初進出する予定で、京都はそれに続く出店となりそうです。

※読者様からの情報を頂きました、ありがとうございました!
※仮称は筆者が便宜上付けた仮称であり正式な呼称ではありません
※一次ソースは近隣住民への説明に用いられた配布資料です


 

計画地は相国寺の北側敷地



ローズウッド京都(仮称)の計画地は、京都市上京区相国寺門前町で「旧京都産業大学附属中学校・高等学校」の跡地です。新ホテルは、鉄筋コンクリート造、高さ12m、地上3階、地下1階。敷地面積:12216.25㎡(3695.41坪)に、建築面積約6750㎡、延床面積約20,800㎡(地上部のみ約15700㎡)のビルを新築。事業主は三菱地所、設計は三菱地所設計と大成建設設計のJVが担当。主用途はホテルで客室数は135室。4つのレストラン、2つの宴会場、プール、スパ、ジム等を備えたフルスペックのホテルとなります。

 

地表に露出する建物を削減した設計



新ホテルは、高さを12mに制限し、機械室などを地下に設け地表に露出する建物を削減。敷地境界線から建物壁面を敷地内にセットバックさせ植栽を整備するなど、非常に周辺環境に配慮した建築計画となっています。

今後は、2022年2月から3月にかけて近隣住民への説明を開始し、3月に上質宿泊施設勧誘制度や建築基準法に基づく手続きを行い、2022年秋にも工事に着手。2025年に建物が竣工し、2025年度内の開業を予定しています。

最高級ホテルの進出が相次ぐ京都ですが、さらなるビッグネームの登場に驚くばかりです。京都における、富裕層をターゲットにしたラグジュアリーホテルの充実度合いでは、今後、東京に匹敵するほどの集積度になり、大阪など他都市を大きく引き離す事になりそうです。

関連記事

「ローズウッド 宮古島」三菱地所とローズウッドホテルズが運営受託契約を締結、2024年の開業を目指す!



 

施設概要


施設名称(仮称)ローズウッド京都(ROSEWOOD KYOTO)※
計画名称
所在地京都市上京区相国寺門前町709番1.2
交通
階数地上3階、地下1階
高さ12m(第1種高度地区 高さ制限15m)
構造鉄筋コンクリート造
杭・基礎
主用途ホテル(レストラン4、宴会場2、プール、スパ、ジム等
客室数135室
敷地面積12,216.25㎡(3695.41坪)
建築面積約6,750㎡
延床面積約20,800㎡(地上部のみ約15,700㎡)
容積対象面積
建築主三菱地所
設計者三菱地所設計・大成建設設計JV 地域協議支援:玄武管財、京都空間研究所
施工者未定
着工2022年秋(予定)
竣工2025年秋(予定) ※開業 2025年度内(予定)
備考「旧京都産業大学附属中学校・高等学校」跡地の再開発。三菱地所が最高級ホテルブランド『ローズウッド ホテルズ&リゾーツ』を京都に開発する。

※施設名称は筆者が便宜上付けた仮称であり正式な呼称ではありません
 

 

 

2022年5月の様子



現地の様子です。計画地は京都市上京区の相国寺の北側にあった旧京都産業大学附属中学校・高等学校の跡地です。

 



西側から見た様子です。敷地面積は12,216.25㎡(3695.41坪)もあります。ちなみに、同じ京都市内にあるホテル・ザ・三井京都の延床面積が7,459.86 m2(2,256.60坪)なので、ローズウッドホテル京都の敷地面積は、三井京都の1.6倍近い広さがあります。

 

 


南西側から見た様子です。

 

 


北側から見た様子です。

 

 


東側から見た様子です。

 


最後は南東側から見た様子です。

京都市内では、多くのラグジュアリーホテルがしのぎを削っています。三菱地所はラグジュアリーホテルの展開では競合他社の後塵を拝しており、ローズウッドのブランドを導入する事で、ライバル会社に対抗する事になります。個人的には、非常に高い評価を受けている、ホテルザ三井京都 VS 三菱地所ローズウッドの対決が楽しみです。

2 COMMENTS

ひろし

三菱地所の開発であれば、ウォルドーフ・アストリア京都という可能性はないのでしょうか?

とうもろこし

正直ウンザリです
京都市は今ですらホテルは多すぎるのにまたホテルとは…..
京都市民は全く喜んでいません
市の財産を外資に売り飛ばしてばかりで京都市は本当にどんどん駄目になっています
(京都は絶賛人口減少中)

京都の高級ホテル計画の半分以上を大阪にあげたいくらいです
本当にウンザリです
市民にとってはホテル計画、ましてや高級ホテルなど良いことはありません
(京都はもう十分すぎるくらいホテルだらけです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です