MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

中川政七商店初の複合商業施設 「鹿猿狐ビルヂング(しかさるきつねびるぢんぐ)」2021年4月14日グランドオープン!


1716年創業の奈良の老舗・中川政七商店は2021年212日に、同社初の複合商業施設「鹿猿狐ビルヂング(しかさるきつねびるぢんぐ)」を奈良市元林院町(ならまちエリア)に414日オープンすると発表しました。

中川政七商店は江戸時代中期、麻織物「奈良晒」の問屋として奈良に創業し、日本の工芸をベースにした生活雑貨をつくり続けてきました。その中で、近年進めてきた産業観光の取り組みを、創業の地の奈良で実現すべく、まちづくりの拠点となる複合商業施設をオープンする事になりました。コンセプトは、“路地を巡り出会う、触れ、学び、味わう奈良”。
この場所でしかできない買い物や飲食、ワークショップなど様々な体験型コンテンツを用意し、奈良に暮らす方および国内外から訪れる方が、より一層奈良の魅力を感じていただける拠点を目指します。

【出展元】
中川政七商店初の複合商業施設・まちづくりの拠点 「鹿猿狐ビルヂング」414日グランドオープン

 

 

 

 


126坪の敷地面積に3階建ての同施設を設計するのは、日本を代表する建築家の一人、内藤廣氏。開放的なガラス窓と周囲の街並みを活かした瓦屋根が特長の建物の中央には、中庭とそこにつながる新たな路地が創られ、古きよき趣が残る「ならまち」の風景に溶け込んだ新たな空間となっています。

 

 



施設内には、創業の地に満を持して構える旗艦店「中川政七商店 奈良本店」、関西初出店となるスペシャルティコーヒー店「猿田彦珈琲」、ミシュラン一つ星掲載店による初のすき焼き店「きつね(きつね)」、まちづくりの拠点となるコワーキングスペース「JIRIN(じりん)」を展開。また同施設とともに近隣の「遊 中川 本店」「茶論 奈良町店」もリニューアル。築100余年の町家の貯蔵庫を改装した「時蔵」や「布蔵」とともに、中川政七商店の歴史をたどる事ができます。

 

 

 

 



 

施設概要:鹿猿狐ビルヂング
施設名:2021年4月14日(水)グランドオープン
開業日:4店舗(中川政七商店 奈良本店、猿田彦珈琲、きつね、JIRIN)
※近隣に「遊 中川 本店」「茶論 奈良町店」「時蔵」「布蔵」あり
テナント数:奈良県奈良市元林院町22番(近鉄奈良駅より徒歩7分)
所在地:奈良県奈良市元林院町22番(近鉄奈良駅より徒歩7分)
設計:内藤廣建築設計事務所
敷地面積:126.98坪(419.06㎡)
延床面積:241.16坪(795.84㎡)
施設U R L:https://nakagawa-masashichi.jp/shikasarukitsune/

1 COMMENT

まろ

奈良もどんどんオシャレに進化してきてますね。
こういう建物が増えて街がブラッシュアップされていくのは嬉しい限りです。コロナ収束後のインバウンド復活に向けて準備を進めて欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です