新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

三菱地所グループ初となる、タイ・バンコクでのオフィス開発プロジェクト 「One City Centre」


三菱地所は、タイ・バンコクに拠点を持つ大手ディベロッパーRaimon Land 社(Raimon Land Public Company Limited、以下 RML 社)と共同して、大規模複合オフィスビル開発計画「One City Centre」 プロジェクトに参画すると発表しました。このプロジェクトは、三菱地所グループとして初となるタイ国内でのオフィス開 発計画で、2019 2 月に着工、竣工は 2022 年末を予定しています。


One City Centre」プロジェクトの特徴

① 三菱地所グループ初となる、タイ・バンコクでのオフィス開発プロジェクト

② 高いオフィスニーズを誇る「セントラル・ルンピニエリア」の主要駅「プルンチット駅」と直結し たプロジェクト。駅より徒歩 2 分の優れた交通利便性。

③ オフィス棟・商業棟(リテールポーディアム)併せて賃貸面積約 61,000 ㎡、61 階建ての大規模プ ロジェクト

【出展元】
三菱地所グループ初となる、タイ・バンコクでのオフィス開発プロジェクト 「One City Centre」プロジェクトに参画

 

プロジェクトはオフィス棟と商業棟(リテールポーディアム)の 2 棟で構成。外壁デザインは、自然界で見つかる幾何学からヒントを得て、螺旋形が地面から空に 向かって広がっていくイメージを具現化しています。機能的には、日射の熱負荷軽減と自然光に よる建物内への配光のバランスを最適化する事に重点を置いて、日光による熱負荷を 軽減しつつ、バンコクのスカイラインを一望できる眺望を確保しました。

オフィス棟は61 階建てで、低層部 4 層のクリニック(医療関係施設等が入居予定)ゾ ーンに加え、屋上などの上層部にはレストランやバーが配置されます。 バンコクマーケットのボリュームゾーンである小規模テナント(100300 ㎡)に対応 すべく、小割可能なフロアプランとなっています。

商業棟(リテールポディアム)はBTS「プルンチット駅」からはスカイデッキで接続予定で屋上を緑化し、公園のような憩いの空間が創出されます。

 

 

 

 

頂部付近の様子です。

 

 



「One City Centre」 プロジェクトの敷地面積は 9,700 ㎡、延床面積 110,000 ㎡、賃貸面積約 61,000 ㎡、基準階有効面積は約 1,300 ㎡ 、総事業費は 8,800 百万タイバーツ(約 308 億円)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です