新規プロジェクト情報などの書き込みは、こちらの【再都市化ナレッジベース】ページのコメント欄にお願いします。

「パティオさくら」竣工した富山市桜町一丁目4番地区市街地再開発事業の状況 19.05


富山市桜町一丁目4番地区市街地再開発事業は、富山駅前の桜町1丁目にあった「シネマ食堂街周辺一帯」で行われた再開発です。街区の愛称は「さくらパティオ」で、3,398㎡の敷地に分譲マンション「レーベン富山桜町」(75戸)、ビジネスホテル「東横INN富山駅新幹線口2」(313室)、専門学校「富山大原簿記公務員医療専門学校」などが整備されました。総事業費は、823400万円です。

 

 

富山市桜町一丁目4番地区市街地再開発事業の状況 17.01



 

 

【スペック】
施設名称:パティオさくら
計画名称:
富山市桜町一丁目4番地区第一種市街地再開発事業
所在地富山県富山市桜町一丁目4番1号 
階数:地上18階
高さ:60m
構造RC・S造
杭・基礎 
主用途:ホテル、専門学校、共同住宅
総戸数:75戸、客室数:313室
敷地面積:3,350.85㎡
建築面積:2,593.97㎡
延床面積:23,131.42㎡
建築主桜町一丁目4番地区市街地再開発組合
設計者アール・アイ・エー・押田建築設計事務所JV
施工者前田建設工業・タカノ建設・寺崎工業JV
着工:2016年03月(起工式)
竣工2018年04月

 

 

 

分譲マンション「レーベン富山桜町」の様子です。地上18階、高さ60m、総戸数75戸の規模です。

 

 

 

東横イン富山駅新幹線口2の様子です。地上18階、高さ60m、客室313室。

 

 

 

東横イン富山駅新幹線口2とサントラムの様子です。

 

 

 

さくらパティオの商業施設部分の様子です。テナントは居酒屋が多いので日中は閑散としていました。

 

 

 

3つの建物に囲まれた「パティオ」には小さな鳥居があり、ちょっとミステリアスな空間に思えました。

 

 

 

最後はさくらパティオの2階から見た富山駅の様子です。さくらパティオとの位置関係が良く解ると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です