【再都市化ナレッジデータベース】

ODA New Yorkが提案した「シアトルタワー」はビルの真ん中に穴があいた超高層ビル!


出典:ODA New York

ODAニューヨークは、新しい超高層ビルの興味深いデザインを発表した。シアトル・タワーと名付けられたこの建物は、その中心部のほぼ中央に空洞があり、居住者は地面まで移動する必要なく新鮮な空気と緑を楽しむことができます。

超高層ビルはシアトルのダウンタウンで1,185フィート(361 m)の高さに達すると予測されています。これにより、ロンドンの1,004フィート(306 m)のシャードタワーよりも高くなりますが、ニューヨークシティのエンパイアステートビルディングほど高くありません。

 

 

 


出典:ODA New York

 

その内部には、低層階に小売店、駐車場、コワーキングスペースがあり、上には住宅ユニットがあります。その中心にある空洞は最も興味深い特徴であり、マルチレベルのオープンエアのポケットパークが中心になります。

一度に多くの居住者を快適に収容するには狭すぎるように見えますが、収容した人たちはシアトルのレーニア山の景色を眺めることができます。また、このエリアには座席や樹木などの緑があり、自然の地形を反映した造園が考えられている。

 

 

出典:ODA New York

“このデザインは、すべての都市の住人が家の中に屋外空間を持つべきだというイーラン・チェンの信念を反映している」とODAニューヨークは説明します。”現在のタワーでは窓を開けることすらできませんが、ODAでは天空の庭にドアを開ける方法を考えています。これらの高台のアメニティは、遠くに海や山を眺め、外に座って髪の毛を吹き抜ける風を感じるのに十分な大きさのスペースで隣人とつながる新しい場所を提供しています。

2007年に設立されたODAは、カラフルな窓枠を備えたブルックリン集合住宅ニューヨークのローワーイーストサイドにある最も重い建物など米国の多くの住宅を完成させました。

 

1 COMMENT

アリー my dear

( ゚д゚)すごい!これ以上の言葉が出てきませんε-(´∀`; )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です