新規プロジェクト情報などの書き込みは、こちらの【再都市化ナレッジベース】ページのコメント欄にお願いします。

バンコクの再開発「ONE BANGKOK」は高さ430mの超高層ビル、総延床面積180万m²、投資額は約4200億円!


出展:https://www.som.com/projects/one_bangkok

バンコク最大級の再開発「ONE BANGKOK」がいよいよ動き出します。タイ大手財閥のTCCグループは、バンコク中心部で開発を進める大型複合施設「ONE BANGKOK」の計画を発表しました。完成時にタイで最も高くなる430メートルの高層タワーや分譲マンション、商業施設などを建設し2020年にも一部が開業します。投資額は約1200億バーツ(4200億円)で、タイでの民間開発として過去最大となります。

【出展元】
One Bangkok
アジア経済ニュース

 

 

出展:ASEAN Skyline

One Bangkokは完全統合された「都市内都市」。開発面積は16.7ヘクターで、敷地のうち8ヘクタールは緑地と広場となります。5つのA級オフィスタワー、5つの豪華・ライフスタイルのホテル、3つの超高級住宅タワー、分化した小売区域内の小売り商品の総合的配列、多様な市民区域、および芸術文化施設で構成され、国内外の500社・団体の入居を見込み、これらの企業や団体に勤務する従業員は総勢5万人に上る見通しです。全体計画が完成する2025年頃には、総床面積183万平方メートルの新都市が誕生します。

 

出展:https://www.som.com/projects/one_bangkok

ホテル事業では、ビジネスホテルから超高級ホテルまで5つのブランドのホテルが建設されます。客室数は計1,100室で、最高級「ザ・リッツ・カールトン・バンコク」(客室数259室)は、オフィスやホテル、コンドミニアム、展望台などを備えた高さ430メートルの「シグネチャー・タワー」内に23年に開業する予定です。

出展:https://www.som.com/projects/one_bangkok

コンドミニアムは3軒が建設されます。1軒目となる超高級コンドミニアムはシグネチャー・タワーの上層部に入居する予定で、来年初めにも販売が開始されます。供給戸数は110戸で、2~4ベッドルーム、床面積は130平方メートル。購入者はタイ人が7割、外国人が3割を見込んでいます。このほか、約450店が入居可能な18万平方メートルの小売りスペースや、公園、芸術文化施設なども設ける計画。同施設の訪問者は1日当たり6万人を見込んでいます。

「ONE BANGKOKが完成すれば、バンコクとタイの世界舞台での地位を高める世界的ランドマークとなるだろう」とTCC Groupのチャルーン・シリワタナパクディ会長は述べています。

1 Comment

ちくりん

記事を読んでいて気になったところがあります。The Ritz-Carlton Hotel, Bangkokは2枚目写真の一番左側のhotel&residenceの建物の中に入ると思います。ビルの高さも変更していて250mになっています。更なる変更があったならすいません。ホテルは2023年オープン予定です。

記事元です。
(The Ritz-Carlton Hotel, Bangkok will feature 259 elegantly appointed guestrooms, including 32 suites and one exceptional Ritz-Carlton Suite, occupying levels 1 to 25 of a 50-storey building, rising up to 250 metres.)

http://onebangkok.com/en/News/get_content_news/1423

お節介ですいません。ところでバンコクの再開発ですが、この規模の再開発が4〜5件並行して行われています、グランフロントが5つ分と考えると凄い事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です