MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

フロレンティン・ホフマンの巨大なキツネはロッテルダムの灰色の通りをさまよう


all images by frank hanswijk

オランダの芸術家であるフロレンティン・ホフマンは、彫刻的なエッセイの大規模な作品の一部として、ロッテルダムの都市構造に記念碑的な「bospolder fox(ボスポダーフォックス)」を紹介しています。

 

 

all images by frank hanswijk

あごにビニール袋をくわえた全長16mの巨大なキツネは、ボスポダールとタスセンダイケン(夕方にはキツネがよく見られるエリア)を隔てる混雑した交差点の上にあります。フロレンティン・ホフマンの「bospolder fox」は2つの概念的な枠組みの中でデザインされました。

1つ目のデザインソースは、森林地帯(BOS)、水はけの良い湿地帯(POLDER)、堤防(TUSSENDIJKEN)が混ざり合った、明らかに都会ではないエリアの名称を認識しています。これらは、現在は見えない田園風景の記憶を思い起こさせるものです。2つ目のデザインソースは、ホフマンと他の3人のアーティストが密集した交通幹線道路に対して芸術的貢献をデザインするための研究です。

 

 

all images by frank hanswijk

ホフマンは設置場所について、道路の多くの部分があまりにも交通量が多すぎたり、狭すぎたり、あまりにも「完成されている」ので、道路の東端はオブジェを置く場所として失格で、ここなら交差点を好むと語りました。実際に「bospolder fox」は道路の最も魅力的な部分に沿って立っていません。四角いコンクリートタイルが敷き詰められ、不規則に特大になっているため、不快な印象を与えます。

しかし、彫刻自体にとって、これは有利な条件を提示します。生き物はきちんとした公園ではあまり見かけず、街の影の隙間を通って忍び込む可能性が最も高いからです。

訪問者は狐の下に避難するように招待され、子供たちはその前足の間で遊ぶことができます。彫刻の丸みを帯びたエッジと鮮やかな色彩は、灰色の渋い建築物を背景にしたコントラストとなり、作品と周囲の環境との相乗効果を生み出しています。狐は、銃口の端から見ても尾の端から見ても、どの角度から見ても視線を最も明確にするために縦に配置されています。

 

 

 

 


all images by frank hanswijk

ホフマンは、ロッテルダムの住民の多くが他の街の出身なので都市は『自然、新規参入者、そして新しい視点に門を開かなければならない』と考えています。この巨大キツネのオブジェは、開発によって失われた「自然の記憶」と、それらを知らない「新住民」を混雑した交差点で結びつける役割を担っている様に見えます。

 

1 COMMENT

アリー my dear

大阪でもイベントでおなじみだったラバーダックの作者、フロレンティン・ホフマン氏。
次なる作品はこの巨大なキツネですか!象徴的な街中アートです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE