新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

【2020年1月開業予定】シタディーンなんば大阪が入居する高島屋東別館リニューアル工事の状況 19.09



アスコット社と高島屋は、同社が所有する大阪・難波の高島屋東別館のリノベーション計画において、全体面積の約40%を、サービスレジデンスとする検討を進めてきましたが、2018年1月に賃貸借予約契約を締結し開業することが決定したと発表しました。

高島屋東別館で展開するサービスレジデンスは、アスコット社がグローバルに運営するブランドのひとつである「シタディーン」で、客室数は300室以上を想定。客室のほかにジム、会議室、共同キッチン、キッズルームなどを備え飲食店等のテナントが入る予定で、2019年冬の開業を目指しています。シタディーンは、レジャー、ビジネス両方の旅行者をターゲットにしたブランドで、自由で機能的、利便性の高い快適な滞在を提供することをコンセプトにしています。

【過去記事】
シタディーンなんば大阪が入居する高島屋東別館リニューアル工事の状況 19.08
シタディーンが入居する大阪難波の高島屋東別館リニューアル工事の状況 19.07
シタディーンが入居する大阪難波の高島屋東別館リニューアル工事の状況 19.05
シタディーンが入居する大阪難波の高島屋東別館リニューアル工事の状況 19.03
シタディーンが入居する大阪難波の高島屋東別館リニューアル工事の状況 18.12
「シタディーン」が入居する大阪難波の高島屋東別館リニューアル工事の状況 18.10
「シタディーン」が入居する大阪難波の高島屋東別館リニューアル工事の状況 18.08
大阪・高島屋東別館に新サービスレジデンス「シタディーン」の開業が決定!客室数は300室以上で2019年冬の開業を予定

 

アスコット社(The Ascott Limited)とは?

アスコット社は、アジア最大規模の不動産会社「キャピタランド社」の完全子会社で、シンガポールに本社を置き、世界展開するサービスレジデンスのオーナー兼オペレーターとして業界をリードしている企業のひとつです。6つのサービスレジデンスのブランド「アスコット」「サマセット」「シタディーン」「クエスト」「ザ クレスト コレクション」「ライフ」を展開し、長期・短期滞在のいずれであっても快適に過ごせる、モダンで洗練された空間を提供しいます。現在、北アメリカおよび南アメリカ、アジアパシフィック、ヨーロッパ、中東、アフリカの主要都市を中心に世界30カ国以上の約130都市で、43,000室以上を運営。さらに、計画・開発段階の約30,000室も含めると、計500物件以上、約73,000室にのぼります。1984年に、アジアにおけるサービスレジデンスの先駆けとなる「アスコット・シンガポール」をオープンし、現在に至るまで30年以上の事業実績を誇ります。

日本では2002年に株式会社アスコットジャパンとして展開を開始。現在は「シタディーン」を東京に2軒と京都に1軒、「サマセット」を東京に計3軒展開のほか、賃貸住宅等の保有・運営を行っております。「アスコット」ブランドは2017年3月に東京・大手町に開業した「アスコット丸の内東京」が日本初となり、7軒目のサービスレジデンスとなりました。

 

 

 

 

同社が日本で展開している3ブランドのサービスレジデンス


◆アスコット
トップビジネスエグゼクティブをターゲットにした同社の最上級ブランドです。日本では東京(大手町)に「アスコット丸の内東京」として2017年3月30日に開業。
(1泊からの短期、1ヶ月以上の長期共に宿泊可能)

◆シタディーン
レジャー、ビジネス両方の旅行者をターゲットにしたブランドです。自由で機能的、そして利便性の高い快適な滞在をご提供するとしています。日本では、東京(新宿)に2軒、京都(五条)に1軒を展開中です。
(1泊からの短期、1ヶ月以上の長期共に宿泊可能)

◆サマセット
エグゼクティブとその家族、友人をターゲットにしたブランド。スタイリッシュかつ温かい家庭的な雰囲気と、様々なレクリエーション設備やアクティビティが楽しめます。日本では、東京(品川、銀座、麻布)に3軒を展開しています。
(1ヶ月以上の長期のみ宿泊可能)

 

 

 

 

正式名称は「シタディーンなんば大阪」に決定!開業は2020年1月予定


公式サイトに「シタディーンなんば大阪 (Opening 2020)」の記載があり、正式名称がシタディーンなんば大阪 に決まった事があきらかになりました。また、求人サイトの記述では2020年1月の開業予定となっています。

https://www.citadines.com/ja/japan/osaka-0/citadines-namba-osaka.html

 

2019年9月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2019年8月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 

 

 

 

仮囲いが引くなり基壇部の連続する半円アーチが美しいです。ズームレンズで圧縮すると圧巻の光景が映し出されました。

 

 

 

内部の様子です。内装は「まだまだこれから」といった感じです。

 

 

 

南側から見た様子です。

 

 

 

南東側から見た様子です。こちら側もかなり出来上がってきました。

 

 

重厚感のある堺筋側に比べると軽快な感じがします。

 

 

 

搬入口?付近の様子です。以前の姿をとどめていますが、どうなるのでしょうか?

 

 

 


最後は北東側から見た様子です。

3 COMMENTS

ぽり

搬入口? と書かれている部分は高島屋関連用だと思います。10月末に一部の部門が稼働するようです。
お歳暮の準備対応の求人がありました。パートさんは11月頭からの勤務だそうです。南側はシタディーンエリアだと思われます。

家のHDDのヘッダーが破損し修理中なので、詳細が確認出来ませんが、当時の竣工資料では腰部の御影石の産地が東西南北で分けられています。バックヤード側は人造石ですが、北木石、稲田石などので貼り分けられているようです。
アップされている写真は引きの画像がないので写っていませんが、屋上のフェンスが金網から黒又は焦げ茶色のアルミルーバーに変わりましたので遠くからの屋上の様子が見えなくなりました。

東別館から2,3ブロック南側裏通りにもホテルが建設されるようです。

e-ZONe ~電脳空間~
https://www.sanyu-j-net.co.jp/lp/
日本橋界隈の運送を担っていた共和物流さんが、移転したので、跡地に建設されるようです。

生駒府民

本当に東京チカラめしは邪魔ですね(苦笑)

大阪の戦災(空襲)の写真でよく出て来る、日本橋から北方向を写した写真を見れば、
この一帯には高島屋本店とこの建物しか、ほとんど残っていなかった事が分かる。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d1/Osaka_after_the_1945_air_raid.JPG

このビルの周りを通る時は、南側の壁面の黒い焦げ跡は多分、その痕跡なんだろうなと思っていました。
それも綺麗に修復された様で、良い事の様な、寂しい様な、感慨深いです。

リノベーションいいですよね、立地もよく歴史ある建物ですがあまり有効活用されてなかったので良かったです。ただし写真にもある通り、東京チカラめしが本当邪魔なんですよね。場所的にも景観的にも。土地ごと買い取ってほしいくらいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です