新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

野村不動産が新大阪に計画中のオフィスビル(仮称)新大阪PJの状況 19.10



野村不動産は10年ぶりに大阪都心部にオフィスビルを開発します。同社が新大阪に取得した駐車場約1500㎡に同社が展開中の「PMO」を展開するとの事。「PMO」プレミアム・ミッドサイズ・オフィスで、大規模ビルと同等の機能性とグレードを併せ持つ新しい中規模オフィスビルが建設されます。

 

【2022年までに開業】野村不動産が新大阪にオフィスビルを開発。自社ブランド「PMO」の展開を検討中



 

https://twitter.com/osaka_sirokichi/status/1189826456961966080

【スペック】
名称:(仮称)新大阪PJ
所在地:大阪市淀川区宮原4丁目2-9,2-10
階数:地上12階、地下0階
高さ:64.00m
構造:鉄骨造
杭・基礎
主用途:貸事務所
客室数:――
敷地面積:1,473.81㎡
建築面積:841.11㎡
延床面積:9,662.23㎡ ※容積対象面積:8,834.08㎡
建築主:野村不動産
設計者:竹中工務店   
施工者:未定
着工:2020年01月
竣工:2021年06月

 

現地の様子です。新ビルは地上12階、高さ64.00m、延床面積9,662.23㎡の規模となります。

 

 

 

 

計画地に隣接してトヨタカーや低層ビルがありますが、集客した開発にはなりませんでした。それでも新大阪エリアでは待望の新築オフィスビルなので、完成がとても楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です