MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

プラウドタワー梅田豊崎 (仮称)大阪市北区豊崎四丁目 建設工事の状況 21.08【2023年03月竣工】



(仮称)大阪市北区豊崎四丁目は、計画名の通り大阪市北区豊崎四丁目に計画されている、地上28階、高さ99.2m、延床面積14,248.55㎡のタワーマンションです。建築主は野村不動産、設計者はIAO竹田設計が担当しています。施工者は三井住友建設で、2020年07月着工、2023年03月竣工の予定です。物件名称は「プラウドタワー梅田豊崎」に決まりました!

【出展元】
プラウドタワー梅田豊崎

 

 

 

【スペック】
計画名称:(仮称)大阪市北区豊崎四丁目
所在地:大阪府大阪市北区豊崎4丁目65番8(地名地番)
階数:地上28階、塔屋1階
高さ:99.2m
構造:鉄筋コンクリート造
杭・基礎
主用途:共同住宅
総戸数:――
敷地面積:1,380.99㎡
建築面積:704.50㎡
延床面積:14,248.55㎡(容積対象面積:9,697.51㎡)
建築主:野村不動産
設計者:IAO竹田設計
施工者:三井住友建設
着工:2020年07月(予定)
竣工:2023年03月(予定)

大阪府大阪市北区豊崎4丁目65番8(地名地番)

 

2021年8月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2021年6月だったので、約2ヶ月振りの取材です。

 

 


南東側から見た様子です。小型のタワークレーン1機で工事が行われており成長速度はゆっくりとしています。

 

 


開いていたゲートから見た内部の様子です。

 

 


北東側から見た様子です。

 

 


北西側から見た様子です。

 

 

 


最後は南側から見た様子です。

 

2021年6月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2021年4月だったので、約2ヶ月振りの取材です。

 

 

 


久しぶりに取材すると躯体が地上に姿を現していました!

 

 


北東側から見た様子です。

 

 

 

 


最後は北西側から見た様子です。

 

2021年4月の様子



 

現地の様子です。前回の撮影が2021年1月だったので、約3ヶ月振りの取材です。

 

 


取材時には基礎工事、基礎コンクリート打設が行われていました。

 

 


開いたゲートから見た内部の様子です。

 

 


最後は北東側から見た様子です。

 

 

2021年1月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2020年10月だったので、約3ヶ月振りの取材です。

 

 


取材時には、掘削、残土搬出、杭頭斫りなどが行われていました。

 

 

 


南西側から見た様子です。

 

 

 


最後は北東側から見た様子です。

 

 

 

 

2020年10月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2020年9月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 

 

 


取材時には障害除去工事が行われていました。

 

 


北東側から見た様子です。

 

 

 

 


南側から見た様子です。

 

 

 


最後は仮囲いの透明箇所から見た内部の様子です。

1 2 3 4

4 COMMENTS

さんたん

高さ99.2mはどこまでの高さなのでしょうかね。塔屋を含まない高さなのであれば、最高部は100mを超えてそうなのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です