【再都市化ナレッジデータベース】

ウエストゲートビルディング(仮称)の状況 20.02【2024年春竣工】


JR西日本は2019年12月11日付けのニュースリリースで、新改札口整備」「高架下開発」「新駅ビル開発」を柱とする基本計画を発表、新駅ビル(仮称)ウエストゲートビルディングと新改札口の設置が明らかになりました!この計画は1日約86万人が利用するJR大阪駅の混雑緩和、新たなバリアフリールート整備および西側地区へのアクセス性向上り、周辺地区との回遊性を高め、地区全体のさらなる価値向上を目指すものです。別記事でご紹介している、旧大阪中央郵便局敷地を含む大阪駅西地区と一体的に整備する事で、JRの勢力範囲を大阪駅西部に拡大し、うめきた2期南地区と連携する意欲的な計画となっています。

【出展元】
JR西日本>大阪駅がさらに西側に広がります 大阪駅 新改札口整備、高架下開発、新駅ビル開発などについて

【過去記事】
ウエストゲートビルディングが現実に!JR西日本が大阪駅の新駅ビルと新改札口の開発を発表!

 

(仮称)ウエストゲートビルディング!?大阪駅北西部に新ビルの建設の計画が浮上!



 


計画地はこちらです。(仮称)ウエストゲートビルディングはノースゲートビルディングの西側に建設されます。

 

 



(仮称)ウエストゲートビルディングのフロア図です。1・2階は駅施設、3〜5階が商業、6階がオフィスロビー、9階〜22階がオフィスとなっています。規模は 地上23階・地下1階、高さ約120m、延床面積 約59,000㎡、オフィス賃貸面積は約23,000㎡です。

 

 


2020年初    大阪ステーションシティ駐車場連絡通路等撤去工事着手
2021年春    新駅ビル工事着手
2023年春    うめきた(大阪)地下駅開業、新改札口暫定供用開始
2024年夏    新改札口供用開始
2024年秋    新駅ビル開業
2027年春まで 順次、高架下商業ゾーン・バスターミナル開業


 

 

 

2020年2月の様子


計画地の様子です。写真の道路付近の空間に東西に細長いビルが建設されます。

 

 

 

 

都市伝説だったウエストゲートビルディングの建設が現実になりましたが、いよいよ現地に動きが出始めました。

 

 

 

 

ルクア イーレと大阪ステーションシティ駐車場を結んでいた、旧11番ホームを活用した歩道が2020年1月31日で閉鎖されました!

 

 

 

 

北陸方面の長距離列車が発着していた旧11番線ホームの面影をとどめる場所でしたが、いよいよ過去帳入りです。

 

 

 

 

ウエストゲートビルディングの計画地を北東側から見た様子です。

 

 

 

 

南東側から見た様子です。写真中央奥に見えるタワークレーンは、グランドメゾン新梅田タワー THE CLUB RESIDENCEのモノです。

 

グランドメゾン新梅田タワー THE CLUB RESIDENCEの建設状況 20.01 -2



 

 

今後のスケジュールですが、2020年初旬から連絡通路等撤去工事に着手、2021年春に駅ビル工事に着手、2024年秋にウェストゲートビルが開業する予定です。

3 COMMENTS

ぷんぷい

ノースゲートビルの西面のデザインがノッペリしてる事に納得。

JUNK

ホームの延伸にはホームドアの延長を行うんでしょうか。なかなか見られないレア工事ですね。

Kilo

電車の車窓からうめきた方面の展望が遮られないかどうか気になりますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です