MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

スノーピークランドステーション白馬、長野県白馬村にスノーピーク初となる体験型複合施設が誕生!


スノーピークは、長野県白馬村に隈研吾氏設計のもと、「店舗エリア」「野遊びエリア」「イベントエリア」を融合した体験型複合施設「Snow Peak LAND STATION HAKUBA(スノーピークランドステーション白馬)」を開業します。2020418()よりオープン予定でしたが延期が決定しました。現在のところ新たな開業日は未定となっています。

 

【出展元】
白馬エリアの新たなランドマークとなる体験型複合施設>Snow Peak LAND STATION HAKUBA2020418日に開業決定
Snow Peak LAND STATION HAKUBAスノーピーク初の体験型複合施設、20204月に開業決定

 

 


「スノーピークランドステーション白馬」のコンセプトは、「その土地に深く根付く、人生と野遊びの案内所」。全体の意匠設計を世界的建築家、隈研吾氏が担当。建築は自然素材を活かし、自然と調和する外観、内装で、特徴的な木組みの天井部分は雪の結晶をイメージしています。テラスや外空間を最大限広くとり、雄大な山岳景観を眺めながら外で過ごすことを楽しめるデザインが特徴です。雄大な景色を望む広々とした敷地には、「店舗エリア」「野遊びエリア」「イベントエリア」の3つエリアが広がっています。

白馬を舞台にした野遊び体験サービス「Snow Peak GO

「野遊びエリア」では、ピクニックやキャンプを手軽に体験することができ、白馬の圧倒的な大自然のなか「手ぶらCAMP」のほか、隈研吾氏と共同開発したモバイルハウス「住箱―JYUBAKO」宿泊プランなどで、手軽にキャンプ体験が楽しめます。

広々としたイベントエリアでは、マルシェなど様々なイベントを開催し、地元の方々や観光客の皆様の交流を生み出す場を目指します。キャンプの醍醐味である焚火を体験できるプログラムも定期開催し、ゆらめく炎を囲みながら人と人が繋がる、野遊びの素晴らしさを体感できます。

さらに、気軽にアウトドア体験が楽しめるレンタルサービス「Snow Peak To Go(スノーピークトゥーゴー」を提供。テーブル、チェアのほか、ケトル、ドリッパー、マグカップなどのスノーピーク製品とともに特製ランチや温泉入浴、e-BIKE(電動アシスト自転車) のレンタル、リフト券等をパッケージにした、新サービスです。

手軽に野遊びが楽しめる半日プランと、隈研吾氏と共同開発したモバイルハウス「住箱―JYUBAKOー」に宿泊する1泊2日の宿泊付きツアーを用意。白馬の大自然の魅力を最大限に引き出した各プランを通して、自然と一体になる心地良さを提供します。

 

 

「店舗エリア」にはレストランだけでなく、豊富なキャンプ用品やアパレル、店舗限定アイテムなどを取り揃える国内最大級のスノーピーク直営店が設置されます。フィールド近接初出店となるスターバックス(Starbucks)もオープンします。

 

 

ミシュラン星獲得店「神楽坂 石かわ」石川氏監修の「Restaurant 雪峰

レストランは、「自然と人、人と人をつなぐ」というスノーピークの使命と、北アルプスの豊かな恵みを五感で味わっていただきたいという想いを込めて「Restaurant 雪峰(せっぽう)」と名付けられました。気軽に楽しめるランチに加え、アラカルトやコースなどのディナーを提供。

監修は、ミシュラン三ツ星を獲得した日本料理の名店「神楽坂 石かわ」の石川秀樹氏。食材はシェフ自ら白馬や周辺地域の生産者とつながり、吟味した、旬素材をそろえ、石川氏から受け継ぐ「食材の純粋なおいしさ」を引き立てる最高の調理を施します。

 

 

 

また、宿泊者が楽しめるシェフ特製BBQプランや、「イベントエリア」 で⽩⾺三⼭を眺めながら誰でも利⽤できる本格炭⽕BBQプランも展開予定。その他、収穫やクッキングイベント、アウトドアディナーなどの体験プログラムも実施される予定です。

 

 

「冬の白馬」から脱却。オールシーズンのマウンテンリゾートを目指す


「Snow Peak LAND STATION HAKUBA」は「冬の白馬」のイメージからの脱却し、オールシーズンのマウンテンリゾートのイメージ定着を目指す施設です。スノーレジャー人口は最盛期の1/3程度に縮小、今後も少子高齢化によって、若い世代の人口も目減りしていくことが明らかな社会状況のなか、次第に老朽化していくインフラをアップデートするには、グリーンシーズンにも客を呼び、通年で稼げる必要があります。

北アルプスの雄大な自然に抱かれる白馬は、もともとキャンプやトレッキング、国立公園の散策など、冬以外のシーズンも国内随一と言って過言ではないポテンシャルがあります。

堅調に伸びているキャンプ・アウトドア業界、そして強いブランド力を持つスノーピークが手がける「Snow Peak LAND STATION HAKUBA」が白馬をマウンテンリゾートに変えるきっかけになるかもしれませんね。

 

■Snow Peak LAND STATION HAKUBA スノーピークランドステーション白馬

所在地:長野県北安曇郡白馬村大字北城5497
運営会社:スノーピーク白馬
TEL:0120-010-660
営業時間:スノーピークランドステーション白馬店 物販11時~20時
Restaurant雪峰11時~15時、17時~22時(LO21時30分)
スターバックスコーヒー スノーピークランドステーション白馬店8時~21時
白馬村観光局インフォメーション9時17時※各店舗の営業時間は繁忙期変更あり
定休日:水曜 繁忙期変更あり
駐車場:60台+大型2台
敷地面積:約9200m2
建築面積約1400m2
アクセス:車/長野ICから約60分、安曇野ICから約90分、糸魚川ICから約60分
電車/JR白馬駅から徒歩約10、バスJR長野駅から約70分、JR新宿駅から約5時間10分
https://www.snowpeak.co.jp/landstation/hakuba/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE