【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

大林組『アトラシアン・セントラル新築工事』オーストラリアで世界一高い182mの木造ハイブリッド構造の超高層ビルを受注!


大林組は、オーストラリアのBuilt Pty Ltdとの共同企業体にて、木造ハイブリッド構造として世界最高となる高さ182m、地上39階建ての「アトラシアン・セントラル新築工事」を、オーストラリアの大手不動産会社であるDexusから受注したと発表しました!

プロジェクトは、ニューサウスウェールズ州シドニー市にて、同市のイノベーションと技術の街区、Tech Centralの象徴となるオフィス、宿泊および店舗エリアを含む複合施設の建築工事で、7階から上階が鉄骨とCLTを採用した木造ハイブリッド構造となります。

【出展元】
オーストラリアにて木造ハイブリッド構造として世界で最も高い「アトラシアン・セントラル新築工事」を受注

 

 


また、新ビルの設計はLEEDやWELLなどのグリーンビルディング認証で最高レベルの認証を取得する仕様であり、建設中に排出されるCO2については通常の50%以下に抑制することを目標とします。建物は完成後100%再生可能エネルギーでの稼働を目標としています。

 

 


アトラシアン・セントラルは、RC・S・W造39階建て、高さ182m、7.5万㎡の規模で、7階から上階以上が鉄骨とCLT(直交集成板)を採用した木造ハイブリッド構造となります。高層部はオフィス、低層部は宿泊・店舗で構成された複合ビルです。工期は、20228月~2026年を予定しています。

 


超高層ビルの館内とは思えない木のぬくもりにあふれた空間

 

日本初の高層純木造耐火建築「Port Plus」


出展:大林組

大林組は、日本で初となる高層純木造耐火建築「Port Plus(11階建て、高さ44m)」を建設するなど、建物の木造・木質化に積極的に取り組むことで、循環型資源である木材利用の拡大、促進による持続可能な社会の実現をめざしています。純木造建築で得た知見を木造ハイブリッド構造に活かすことで、さらなる木造建築の普及と、温室効果ガスの削減および快適な生活環境の提供により、カーボンニュートラルやウェルビーイングなどの社会課題の解決に取り組んでいます。

 

CLT(クロス・ラミネイティド・ティンバー)


出展:https://suzuko-clt.com/about-clt/

CLTとは、Cross Laminated Timber(クロス・ラミネイティド・ティンバー)の略で、欧州で開発された工法です。CLTは板の層を各層で互いに直交するように積層接着した厚型パネルのことを呼びます。一般的によく知られている集成材は、張り合わせる板の繊維方向が並行方向に張り合わせるのに対して、CLTは、繊維方向が直交するように交互に張り合わせていきます。

CLTの特性は、直交積層のため高い寸法安定性が得られます。90210mm程度の厚みが一般的で、断熱性に優れ、大判のパネルとして利用することで、高い耐震性を確保することが出来ます。

 

 

計画概要


工事名称アトラシアン・セントラル新築工事
施工場所オーストラリア連邦ニューサウスウェールズ州シドニー市
発注者Dexus
設計者SHoP Architects社(米国)、BVN Architecture Pty Ltd社(豪州)ほか
工期2022年8月~2026年
JV構成会社Built Pty Ltd、大林組
工事概要延床面積:約7万5,000m²
敷地面積:約3,500m²
構造:RC造(地下~7階)、S造・木造(7階以上)
階数:地上39階
高さ:182m
用途:事務所(高層部)、宿泊・店舗施設(低層部)

1 COMMENT

1枚目の写真を見て円柱形状かと思いました。
大阪丸ビル緑化プロジェクトを引き継いで、
大阪丸ビルもこのようなシンボリックなビルに建て替えられたらよいなと思いました。
大林組も外国ではデザイン性の高いビルを建てられるのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。