【お知らせ】コメント投稿はハンドルネーム・メールアドレス必須となりました。コテハンに「匿名」「匿名A」等の使用は禁止しています

【2019年11月完成】泉の広場が3回目のリニューアル、名称はそのまま、新たなセーブポイントは「WATER TREE」(仮称)!


大阪メトログループの大阪地下街株式会社は2019年5月初旬から同年11月にかけて「ホワイティうめだ」の一部のエリア「ホワイティうめだ2期」において、実質的な建て替え工事に相当するスケルトン化による大規模リニューアル 工事に着手し、防災機能や快適性を飛躍的に高めてると発表しました。

【出典元】
OsakaMetro・大阪地下街株式会社ニュースリリース

 

 

 

リニューアルエリアと工事内容

 


【工事概要】

所在地:大阪市北区小松原町・堂山町 梅田地下街
総面積:8,864㎡
店舗面積:3,140㎡(予定)
店舗数:35店舗予定
業種業態:飲食、食物販
工 期:2019年5月初旬~2019年11月 6 か月間の全面閉鎖工事を予定
*全面閉鎖工事のため「ホワイティうめだ 2 期」エリアは通行不可に。 その他のエリアは通行可能。
総事業費:58億円

 

【工事内容】
防災機能の向上
大規模地震に備え、柱の耐震補強や老朽化が進んだ壁面の補強。火災時に被害の拡大を防ぐ防火区画の再構築や、速やかに煙を排出する排煙設備の抜本的改修と円滑に地上へ避難するための防災 上有効な広場の整備。 万が一地下街が浸水しても避難に必要な照明等を確保するため、非常用発電機を地上 へ設置するなど、防災機能を飛躍的に向上させる。

快適性の向上
エスカレーターの設置、トイレのリノベ ーション、空調設備の更新、分煙化の推進 と共に、照明による演出など快適性の向上を図る

セキュリティの強化
防犯カメラを増設すると共に、防災センタ ーの機能充実など更なるセキュリティ強化を図る。

 

 

 

改装後のイメージ

 


梅田の各主要駅とつながるメイン通りでもある「扇町ゾ ーン」は両側に並ぶ個性豊かな店を楽しく眺めながら、立ち寄りながらゆっくりと散策を楽しむ大通りとなります。中央と両サイドを2種のタイルで貼り分けた通路や、両サイドを石畳風にし、歩く速度をゆるめる工夫がほどこされます。天井はイチョウのレリーフを施しスリットを入れリズム感を持たせ街歩きを楽しむ空間を創出。

 

 

 

 

 


ホワイティうめだの東端から更に泉の広場を曲がる「新御堂筋ゾーン」は新御堂筋の高架下を地下につなげたバルの並ぶ小径となります。「扇町ゾ ーン」とはイメージが全く異なるデザインですね。床はモルタル風のタイル、両サイドは「扇町ゾーン」と同じ石畳風のパターンで、スケルトン天井にはワイヤーに吊るしたダウンライト照明が下がり、店舗側の軒下を木調にしハ ードな空間を和らげています。 また、エスカレーターを新たに設置し地上とのア クセスが大幅に改善されます。

 

 

 

 

 

 



「扇町ゾーン」と「新御堂筋ゾーン」の二つの通り と地上をつなぐ「泉の広場ゾーン」は人を集め、滞留するシンボル広場です。床は広場中央から円形状に広がるパターンを施し、天井の中央には広場のシンボルモニュメント「WATER TREE」(仮称)を配し、水を使わず、LED制御による水が演出されます。また「泉の広場」の名称は

 

 

「泉の広場」も大幅リニューアル。LEDを使った照明演出で水を表現

 



 

 


プログラム制御したフルカラーLED照明がステンレス鏡面仕上げをした枝と葉に反射し、光の演出による「WATERTREE」(仮称)を表現。一つ一つの造作照明が水の流れを表現し、その集合体が木のオブジェとなるような造形となります。また、床にはゆらゆらと動く照明を利用し水面が表現されます。

1970年の「ホワイティうめだ2期」エリアオープン以来「泉の広場」には噴水が設置され、半世紀かけて行きかう人々の記憶に残る場所となりました。人が出会い、集まり、別れるそんな起点となる場所に「生命の木」を立てます。 「泉の広場」の名称を継承した新たな「泉の広場」では、をイメージした水と木が合わさった生命の「WATER TREE」(仮称)をシンボルとして生まれ変わります。

7 Comments

アリー my dear

時代にあった形に進化されるのは本当にうれしいです(^.^)

ぽてちん

エスカレータの新設は喜ぶ人が多いでしょうね。

アリー my dear

前回の1970年万博で登場して、次の2025年万博の前にこの泉の広場が引退…考えてみたら奇遇ですね。

匿名

心斎橋駅のパースのように花柄ハデハデにしてもっと大阪らしさを出してほしかったですね

三刀流

これで阪神梅田駅上の東西通路が完成したら梅田の地下街のリフレッシュが一気に進みますね。
ただ、梅田地下街はどこも天井が低く、私でも圧迫感を感じます。身長の高い外国人は頭が当たりそうに思うのではないでしょうか?
構造上無理かも知れないけど、天井をもう少し高くするとか、床を掘り下げるとか、圧迫感のない工夫はできないですかね。

アリー my dear

泉の広場が形を変えて残るようなイメージでしょうね(^_^)

匿名

泉の広場を取り囲む店舗も入れ替えでオシャレになるんですかね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です