【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

【最新版】国際金融センターランキング2022年春(GFCI 31)発表!世界ランキング東京9位、大阪34位


深センの中国開発研究所(CDI)とロンドンのZ / Yenパートナーは、2022年3月24日にグローバル金融センター指数(GFCI 31)の第31版を発表しました。

GFCIは、世界中の119の金融センターの将来の競争力とランキングの評価を提供し、毎年3月と9月に更新および公開しており、世界の金融界から大きな注目を集めています。

GFCI 31では126の金融センターを調査し、そのうち119が現在メインインデックスに含まれています。GFCIは、150の要素を使用して解析されており、これらの定量的指標は、世界銀行、エコノミストインテリジェンスユニット、OECD、国連などの第三者によって提供されています。

 

【出展元】
The Global Financial Centres Index 31


GFCI31
の結果



トップ40のセンターのうち、1つのセンターだけが10ランク以上上昇し、10位以上下落したものはありませんでした。全体として、平均格付けは安定しており、平均格付けが3回連続して低下した後、GFCI30より1ポイント未満低くなりました。

アジア/太平洋センターは、GFCI 30で経験した損失を概ね回復しました。これは、この地域の経済力と貿易実績に対する信頼が回復したことを示唆しています。北米および西ヨーロッパのセンターは、概して安定したパフォーマンスを示しました。

GFCI 31の基になっているデータは、2021年末までの期間に基づいています。パンデミックからの回復が進むにつれて、格付けの変動が大きくなることが予想されますが、指数の格付けが概ね横ばいであることは、2021年後半に世界経済に信頼が戻りつつあることを示唆しています。しかし、ロシアによるウクライナ侵攻は、我々が予測できない形で、今後の格付け影響を与える事になるでしょう。

 

1:リーディングセンター

ニューヨークがインデックスをリードし、ロンドンが香港と上海に次ぐ第2位です。深センは、11位に落ちたパリに代わって、インデックスのトップ10に戻りました。ほとんどの主要なセンターの評価は比較的安定しており、数ポイントしか変化していません。
ランク都市スコアランク(+/-)評価(+/-)地域
1ニューヨーク7590-3北米
2ロンドン7260-14西ヨーロッパ
3香港7150-1アジア太平洋地域
4上海71421アジア太平洋地域
5ロサンゼルス71321北米
6シンガポール712-2-3アジア太平洋地域
7サンフランシスコ711-2-3北米
8北京7100-1アジア太平洋地域
9東京70802アジア太平洋地域
10深セン70768アジア太平洋地域
11パリ706-11西ヨーロッパ

2:西ヨーロッパ

ロンドンはこの地域で引き続きリードしていますが、評価は14ポイント低下し、上位20のセンターの中で最大の低下となりました。ベルリンとグラスゴーは10位以上の順位を上げ、ハンブルク、シュトゥットガルト、ジャージー、リヒテンシュタインは10位以上の順位を落としましたが、他の主要な西ヨーロッパの中心部は概ね安定していました。ルガーノは初めてインデックスに加わり、72位になりました。


都市スコアランク(+/-)評価(+/-)地域
2ロンドン7260-14西ヨーロッパ
11パリ706-11西ヨーロッパ
16フランクフルト694-2-7西ヨーロッパ
18マドリッド69063西ヨーロッパ
19アムステルダム687-2-11西ヨーロッパ
20チューリッヒ6861-4西ヨーロッパ
21エジンバラ6841-5西ヨーロッパ
25ジュネーブ678-5-14西ヨーロッパ
26ストックホルム6770-8西ヨーロッパ
27ルクセンブルク676-4-12西ヨーロッパ
28ミュンヘン6753-3西ヨーロッパ
35コペンハーゲン666-1-8西ヨーロッパ
36ブリュッセル6654-1西ヨーロッパ
39オスロ6623-1西ヨーロッパ
40ミラノ66155西ヨーロッパ

3:アジア太平洋地域

GFCI 30でのパフォーマンスが比較的低かった後、インデックスのアジア太平洋センターの3分の2は、GFCI31でのランキングと一致または改善しました。香港は引き続き世界で3位に位置し、上海は2位上昇して4位になり、シンガポールは2位低下して6位になりました。ホーチミン市が102位で初めてインデックスに加わりました。


ランク都市スコアランク(+/-)評価(+/-)地域
3香港7150-1アジア太平洋地域
4上海71421アジア太平洋地域
6シンガポール712-2-3アジア太平洋地域
8北京7100-1アジア太平洋地域
9東京70802アジア太平洋地域
10深セン70768アジア太平洋地域
12ソウル70513アジア太平洋地域
23シドニー6822-4アジア太平洋地域
24広州68184アジア太平洋地域
30釜山6733-2アジア太平洋地域
32メルボルン671-3-9アジア太平洋地域
34大阪6671212アジア太平洋地域

GFCI 30でのパフォーマンスが比較的低かった後、インデックスのアジア太平洋センターの3分の2は、GFCI31でのランキングと一致または改善しました。香港は引き続き世界で3位に位置し、上海は2位上昇して4位になり、シンガポールは2位低下して6位になりました。ホーチミン市が102位で初めてインデックスに加わりました。

4:北米

北米のセンターはGFCI30での好業績の後、後退し、この地域の12のセンターのうち7つがランキングに落ちました。現在、北米の6つのセンターがトップ20に含まれています。アトランタが初めてインデックスに加わり、63位になりました。
ランク都市スコアランク(+/-)評価(+/-)地域
1ニューヨーク7590-3北米
5ロサンゼルス71321北米
7サンフランシスコ711-2-3北米
13シカゴ704-20北米
14ボストン703-20北米
15ワシントンDC70202北米
22トロント683-3-10北米
29モントリオール674-2-8北米
33バンクーバー668-5-13北米
47カルガリー64649北米
63アトランタ612NaNNaN北米
83サンディエゴ564-13-24北米

5:東ヨーロッパと中央アジア

モスクワ、ワルシャワ、イスタンブールがこの地域をリードしており、GFCI 30とは対照的に、センターの大部分はGFCI31のランキングに落ちました。上に示したように、ウクライナの侵略に対応する国際的な制裁がそのパフォーマンスに影響を与えるため、ロシアのセンターの位置は、インデックスの将来の版で急激に低下すると予想されます。
ランク都市スコアランク(+/-)評価(+/-)地域
51モスクワ641-13東ヨーロッパと中央アジア
59ワルシャワ622-3-2東ヨーロッパと中央アジア
64イスタンブール611-3-4東ヨーロッパと中央アジア
68プラハ602-5-9東ヨーロッパと中央アジア
74ヌルスルタン(旧アスタナ)57617東ヨーロッパと中央アジア
75アルマトイ574815東ヨーロッパと中央アジア
77キプロス57105東ヨーロッパと中央アジア
78アテネ5691015東ヨーロッパと中央アジア
89ブラチスラバ558-10-6東ヨーロッパと中央アジア
91ブダペスト556-23東ヨーロッパと中央アジア
97サンクトペテルブルク5491347東ヨーロッパと中央アジア
98ソフィア548-14-10東ヨーロッパと中央アジア
104タリン542-30-28東ヨーロッパと中央アジア
111ビリニュス522-20-29東ヨーロッパと中央アジア
112リガ521-16-25東ヨーロッパと中央アジア
114バクー519-9-12東ヨーロッパと中央アジア


6:中東およびアフリカ

ドバイとアブダビはこの地域で1位と2位になり、GFCI 30と同様に、どちらもランキングがわずかに向上しています。カサブランカは引き続きアフリカの主要な中心地であり、ケープタウンとヨハネスブルグは引き続きランキングを上げてアフリカの主要な地位に挑戦しています。この地域のセンターの大多数はランキングに落ちました。
ランク都市スコアランク(+/-)評価(+/-)地域
17ドバイ6911-3中東およびアフリカ
31アブダビ67250中東およびアフリカ
54カサブランカ632-14中東およびアフリカ
55ケープタウン629715中東およびアフリカ
56ヨハネスブルグ627818中東およびアフリカ
57テルアビブ626-8-19中東およびアフリカ
65ドーハ60636中東およびアフリカ
84バーレーン563-13-15中東およびアフリカ
86リヤド5611523中東およびアフリカ
87モーリシャス560-14-15中東およびアフリカ
99キガリ547-5-1中東およびアフリカ
101ナイロビ545-34中東およびアフリカ
103ラゴス543-17中東およびアフリカ
116クウェートシティ517-8-6中東およびアフリカ
118テヘラン500-9-11中東およびアフリカ

7:ラテンアメリカおよびカリブ海

メキシコシティがこの地域をリードしており、リオデジャネイロが2位のままです。サンパウロ、ケイマン諸島、サンティアゴ、ボゴタ、バハマは、インデックスでの位置を改善しました。他のセンターは後退し、ブエノスアイレス、バルバドス、パナマはランキングで10位を超えました。
ランク都市スコアランク(+/-)評価(+/-)地域
17ドバイ6911-3中東およびアフリカ
31アブダビ67250中東およびアフリカ
54カサブランカ632-14中東およびアフリカ
55ケープタウン629715中東およびアフリカ
56ヨハネスブルグ627818中東およびアフリカ
57テルアビブ626-8-19中東およびアフリカ
65ドーハ60636中東およびアフリカ
84バーレーン563-13-15中東およびアフリカ
86リヤド5611523中東およびアフリカ
87モーリシャス560-14-15中東およびアフリカ
99キガリ547-5-1中東およびアフリカ
101ナイロビ545-34中東およびアフリカ
103ラゴス543-17中東およびアフリカ
116クウェートシティ517-8-6中東およびアフリカ
118テヘラン500-9-11中東およびアフリカ
 

8:FinTech



Fintechについて113のセンターを評価することができます。ニューヨークと上海は、1位と2位で首位を維持しています。北京とサンフランシスコはロンドンを抜いて3位と4位になりました。

ドイツ、インド、中国、南アフリカの都市はフィンテックの評価で好成績を収め、ミュンヘン、サンフランシスコのランキングは大幅に向上しました。ミュンヘンとベルリン、ムンバイとニューデリー、成都と杭州と大連、そして南アフリカが大幅に順位を上げた。成都、杭州、大連、ケープタウン、ヨハネスブルグで順位が大きく上昇しました。

国内の都市は、東京が15位(Rating:654)で前回16位から1ランクアップ、大阪は37位(Rating625)で、前回の50位から13ランクアップしました。

▼次のページ:GFCI31 全ランキング

1 2

4 COMMENTS

LEACH

釜山より下ってのが不思議
日本人って日本を過小評価しがちだし

大阪人も大阪を下に見過ぎている

大阪のポテンシャルを再評価して世界に挑めばもっと上に行くと思うんですが
経済界がヘタレの集まりだと思う。

三刀流

大阪の「ランクアップ12」は大躍進だと思います。

生駒府民

香港に自由が無くなって、日本に金融センターを持って来ようとする計画はどうなったのでしょうね
東京・大阪・福岡と3つ候補を立てる時点で、東京のアリバイ作りっぽい。
こんな計画は力が統一された国家プロジェクトじゃ無いと無理でしょうし、
地方の政財界の努力だけで達成できるものとは思えない

ガンマ

認識不足、知識不足でなんですが。。
ソウルにもプサンにも大阪は劣っているのでしたか!?
日本の東京一本足打法が顕著過ぎますネ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。