新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

東灘区甲南町五丁目タワーマンション計画


東灘区甲南町五丁目タワーマンション計画は、田崎真珠社員寮跡に計画されているタワーマンションPJです。前回ご紹介した東灘区役所跡タワーマンション計画とほど近く、住吉川を挟んでツインタワーの様な感じになります。

■追跡取材リスト

 


 


 




【スペック】
名称:共同住宅(仮称)
規模:地上29階、地下1階    
高さ:最高部99.95m
総戸数:107戸
敷地面積:1,628.38?
延床面積:15,211.98?






2棟のタワーマンションの間を流れる住吉川。周辺は緑も多く、そこはかとなくハイソな雰囲気を感じました。



2 COMMENTS

ろんぐ

SECRET: 0
PASS:
>アイラブオオサカ さま。
そうですね。近代的な六甲ライナーと住吉川の清流、生け垣が美しい邸宅、大阪神戸共に交通至便な立地。。。この辺りは相当な高級住宅街で、少し歩いただけで独特の雰囲気を感じる事が出来ます。

アイラブオオサカ

SECRET: 0
PASS:
毎日楽しく拝見しています。
実は私、六甲ライナーにはまだ乗車したことがないんですよ‥従って六甲アイランドにも行ったことがなく、今回取材されたエリアは全然土地勘がありません。
ただ、ここは神戸でも芦屋寄りの、どちらかと言えば大阪のベッドタウンの色合いが強い場所のようですね。
それにしても、神戸の都市景観はやはり日本でも有数の美しいものだと思います。そして有名な「日本三大夜景」のひとつとして、昔はよく摩耶山の掬星台に行き夜景を見たものです。
それだけに「デザイン都市」に選定されたことにも頷けます。
すっかりご無沙汰している神戸の取材シリーズ、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です