MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

垂水駅前に高さ102mのタワマン「垂水中央東地区第一種市街地再開発事業」の組合設立!



野村不動産は、2020年9月7日付けのニュースリリースで、兵庫県神戸市で推進している「垂水中央東地区第一種市街地再開発事業」について、神戸市から認可を受 け 2020 年 8月 30日開催の総会を経て市街地再開発組合を設立したと発表しました。

垂水中央東地区は、本地区を含む「垂水駅前中央地区」として 2010 年 6 月に市 街地再開発準備組合を設立、2017年 1月に準備組合が本地区を先行して事業化することを決定し、2019年 7月の都市計画決定を経て、再開発組合を設立する事になりました。

野村不動産は 2018年 1月に事業協力者として参画し事業協力を行ってきましたが、市街地再開発組合の設立により、今後は参加組合員として住宅・商業保留床を取得し、組合の事業推進への協力・支援を行って行くとの事です。

 

【出展元】
「垂水中央東地区第一種市街地再開発事業」 組合設立のお知らせ

 

【2024年度竣工】野村不動産が垂水駅前に30階建てタワーマンションを建設、垂水中央東地区再開発事業の都市計画決定!



 

 

 


計画地区は、JR・山陽電鉄「垂水」駅東口から北へ約 100m に位置した約 0.7haの区域で、北・西・東側が既存の商店街通りに面し、垂水廉売市場を含む商業集積エリアです。周辺には市施行によるレバンテ垂水やウエステ垂水が位置するなど、垂水駅前周辺は垂水区の商業・行政・交通の中心拠点として位置付けられています。

また、201912月には、神戸市が展開する「リノベーション・神戸」第2弾において、垂水駅周辺が「生まれ変わる海辺のまち」として位置づけられ、垂水駅周辺の住機能の強化、垂水駅前周辺のリノベーション、公共・公益施設の再配置検討が加速するなど、今後更なる賑わい創出が期待されています。

 
事 業の名称 垂水中央東地区第一種市街地再開発事業
所在 兵庫県 神戸市垂水区神田町  3 番 ( 一部 ) 5 番 6 番 7 番
施行区域面積 約 0.7 ha
施行者の名称 垂水中央東地区市街地再開発組合
建築 面積 約 0 3,6 00  ㎡
延べ面積 約 40,5  00  ㎡
高さ 約 102  m
主要用途 住宅 、 商業 、 駐車場
住宅戸数 約 280  戸
事業コンサルタント 都市設計連合
参加組合員 ( 予定者 ) 野村不動産
 

 


一方、地区内には土地の利用が難しい狭小敷地や低未利用地、老朽化木造建物が多く、防災面や商住環境面 で様々な課題を抱えています。

その為、再開発事業を通じて、垂水駅前にふさわしい商業・生活利便施設を整備、居住機能を導入・集積し、建物の不燃・耐震化に加え、地区内に広場や歩行者空間を設け、防災性・回遊性の向上にも寄与する計画となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です