【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

JR大和路線-木津駅


木津駅は大和路線(関西本線)、学研都市線(片町線)、奈良線の3路が乗り入れる要衝で、駅設備は2面4線。2007年4月に橋上駅舎化されました。







この特徴ある外観は、木津川の流れをイメージしています。また木材の流通で栄えた町の歴史を表す木目調のアクセントが施されています。気のせいかもしれませんが、セガのゲーム「ファンタジーゾーン」のラスボス「オパオパの父親」に似ている気がします。※マニアックな上に古過ぎる!






Fantasy Zone BGM (1/2) ネタについて来れた方は、このBGMを聞ききながら楽しんでください(笑)
 









通常、橋上駅舎はその構造上、どうしても高低差が大きくなりますが木津駅は築堤上に線路があり、さらにその上に橋上駅舎が作られたので、輪をかけて高低差が大きいです。そのため、上りに加えて下り向きのエスカレータが設置されていました。





自由通路の様子です。乗降客数の割に、気合いの入った造りです。







改札口の様子です。自動改札は3通路、バー付きの旧型でした。








ホームから見た橋上駅舎の様子です。電化に伴いホームはかさ上げされましたが、汽車時代を思わせる木造の上屋がなんともレトロな感じです。近代的な橋上駅舎とのギャップがもの凄い駅です。






この上屋、レトロ過ぎる。。。






最後はホームから見た東口に駅前交通広場の様子です。駅舎改良に合わせて新設されました。



3 Comments

愛吹者

JR吹田駅も木造のホーム上屋が残ってますが

ろんぐ

SECRET: 0
PASS:
>愛阪者 さま。

はい。近代的な駅舎とそれに繋がる、あまりにレトロな上屋。。。木津は木材で栄えた歴史があるとの事なので、あえて木造の上屋のままなのかもしれませんね。

愛阪者

SECRET: 0
PASS:
レトロすぎる上屋、ええ感じですね。

京阪神エリアの駅なら、ちょっと待て・・・、という感じになりますが
木津あたりなら、これはこれでええやん、てな感じですね。気持ちが和みます。

朽ち果てるまで使い続けてもらいたいもんや。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。