新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

全日空ゲートタワーホテル大阪


8月の関空取材で宿泊したホテルは全日空ゲートタワーホテル大阪です。翌日、関空2期空港島見学ツアーに参加する為、関空近くのホテルに宿泊しました。








全日空ゲートタワーホテル大阪りんくうゲートタワービルの高層階に入居しており、29?50階が客室、52?54階はレストラン・バー・宴会場、28階は屋外チャペル、1階がロビー、となっています。最上階のレストランを利用すれば250m近い高さからの眺望が楽しめます。









エレベータホールの様子です。EVの扉がゴージャスな感じでした。







今回宿泊したのはスタンダードツイン32,6m2。当日予約限定プランで朝食付き9,800円と破格のプライスにホクホク。開業後15年以上が経過しているのでデザインは一昔前の感じがします。室内は清潔ですがソファーが少々くたびれた感じでした。








さすがに32平米もあるので広々です。1人で泊まるのが勿体ない。。。


 

 


 



デスク、TVなど室内の調度品はこんなレイアウトになっています。TVがブラウン管で古くさい。これを薄型大画面TVに変えるだけでかなり印象が変わると思います。あと、天井に一般家庭にある様な大きめの照明器具があるので、マンションのリビングの様な明るさです。ちょっと明るすぎかもしれません。


 

 



バストイレと洗面台はセパレートになっていました。


 


 




夜が明けてチェックアウト時のロビーの様子です。ロビーには豪華な本革のソファーが並んでおり、開業当時の意気込みが伝わってきました。


 


 


 


 



今回宿泊した全日空ゲートタワーホテル大阪ですが、高層階からの眺望や駅直結の利便性など、その快適性の割にリーズナブルな価格設定が好印象でした。関空利用者にとっては利用価値が高いホテルだと思います。ただ1つの不満は朝食のブッフェ。レストランのある最上階からの眺望は最高でしたが、バリエーション、味共に正直イマイチでした。 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です