MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

「てんしば」が開業5周年!芝生広場にウッドチップの道「てんしば花小路」が登場


天王寺公園エントランスエリア「てんしば」は2020年101日に5周年を迎えました。

201510月にリニューアルオープンした「てんしば」は、大阪市との協定で近鉄不動産が管理運営をっています。約7000㎡の芝生広場を設けたほか、カフェ・子どもの遊び場・フットサルコートなどが出店し、入園料が有料だった同エリアが無料化され、2019年度の来園者数は過去最多の約5028000人を記録するなど多くの人が訪れています。昨年11月には、てんしばゲートエリア「てんしばi:na(イーナ)」がオープンしさらに賑わいが増しました。

 

「てんしば」 オープン5周年!OSAKAモニュメントのハロウィンデザインも登場!【2020年10月3日〜31日】



 

 

今回の5周年を記念し、芝生広場にウッドチップの道と両側に季節の花を配置した長さ約180メートルの「てんしば花小路」が新たに設けられました。

 

 

 

天然芝は維持管理が難しく多くの人が集まると芝生が踏み固めされて絶滅してしまいます。ウッドチップの道「てんしば花小路」は、芝生の育成と歩行者導線の両立を図る新たな試みとして要注目です。

 

 

 

5周年を迎えた「てんしば」は芝生の育成エリアと開放エリアを分けており、芝生が絶滅しない様にされています。

 

 

 

てんしばから見たハルカスの様子です。

 

 

 

広場の置くにある「OSAKA」のロゴマークはハロウィンバージョンになっていました。

 

 

 

エントランス付近の商業ゾーンはかなりの賑わいです。このあたりの地面は割り切って石畳になっており実用的です。

 

 

 

撮影ポイントを変えて、ハルカスの展望台から見た「てんしば」の様子です。ウッドチップの道「てんしば花小路」の配置はこんな感じです。

 

 

 

5周年の文字が見えますね。

 

 

 


最後は ウッドチップの道「てんしば花小路」とハルカスを絡めた1枚です。

栄の賑わいを周囲に拡大『レイヤード久屋大通パーク』を大きな写真でレポート!(水景施設・ミズベヒロバ編)



栄の賑わいを周囲に拡大『レイヤード久屋大通パーク』を大きな写真でレポート!(アーバンリゾート・学びの森編)

2 COMMENTS

アリー my dear

てんしば誕生5周年!すっかり街になじんできました(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です