【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

千里丘の丘陵から見た大阪都心の摩天楼


千里丘の丘陵某所から見た大阪都心のスカイライン凄かったのでご紹介したいと思います。

 

 

 


まずは梅田付近の様子です。伊丹空港の厳しい高さ制限を受けつつも、制限ギリギリいっぱいの高さの超高層ビルが林立しており、まるでビルの壁の様です。

 

 


ザ・タワーキタハマを中心にしたアングルです。多数のタワーマンションが林立しています。

 

 


あべのハルカスを中心に見た様子です。相当な距離がありますが北摂から見ても、ハルカスの存在感はズバ抜けています。

 

 


最後は引き気味で見た都心部全体の様子です。大阪には摩天楼と呼ぶに相応しいスカイラインが形成されています。

3 COMMENTS

千里丘住民

撮影場所の近所に住んでいます。
近くまで来られていたんですね。
ハルカスの左側には大阪城も見えています。

さんたん

壁のようなビル群の中に、頭一つ抜けたビルが建っていたら、もっと魅力的な眺めになるでしょうね。

サジャ

もう50mずつ緩和をしても良いとおもうのですけどね。
新大阪辺りは今のままで良いとして、梅田は230mぐらいまでにしても問題は無いと思うのですが。
そして中之島辺りで250m、本町付近からは300mでも構わないかと?
東京などは空路が無いという事で東京タワーもそれ以外の高層ビルも建てたのでしょう?
なのにその上を飛行機が飛ぶようにするのですからおかしいですよね?
だったら大阪ももっと緩和をしても悪くは無い筈。
阪急の再開発までには緩和をして欲しいですね。もちろん容積率も変更しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。