【再都市化ナレッジデータベース】

モバイルICOCAが2023年春スタート!東海道・山陽・北陸新幹線「スマートEX」「新幹線eチケット」にも対応


出展:JR西日本

JR西日本は2020年10月16日付けのニュースリリースで、交通系ICカード「ICOCA」の機能をスマートフォンで使えるサービス「モバイルICOCA」を2023年春にスタートすると発表しました!

おサイフケータイに対応たスマートフォンに専用アプリをインストールする事で、自動改札機の通過や決済で使える他、アプリでチャージ残額や利用履歴などを確認でき、クレジットカードを登録して定期券の購入や払い戻しが行えます。

【出展元】
「モバイル ICOCA(仮称)」の導入計画について

 


出展:JR東海

また、東海道・山陽新幹線の「スマートEX」や北陸新幹線の「新幹線eチケットサービス」に対応し、スマホで新幹線の予約や支払い、乗車を行えるようになります。経路検索などができるJR西日本のスマホアプリ「WESTER」(iOS/Android)とも連携し。スマートフォンならではの機能を活用した、利用者の移動や生活、観光をより便利に利用できるサービスが検討されています。

 

 



現時点は、モバイルICOCAのAndroidスマホやApple Pay、Google Pay対応など、具体的なスケジュールは発表されていません。また、モバイルICOCAが私鉄との連絡定期券に対応するのかは不明です。

今回の発表はモバイルICOCAが=2023年春にサービスインする、という速報的な内容なので、もう少しつっこんだ内容の続報を待ちたいと思います。

1 COMMENT

マーライオン

最後の行に来春と書かれていますが、2023年春の予定なので2年半先ですね。
この2023年春というのは北陸新幹線金沢-敦賀間開業の予定時期(入札不調が続いて予定通りの開業はかなり厳しい情勢になっているみたいですが)で、交通系ICカード導入区間としては初になる第三セクターへの経営移管となるので、それに合わせるのかなという感じがします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です