MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

芳賀・宇都宮LRT車両の愛称が「ライトライン(LIGHTLINE)」に決定!



宇都宮市は2020年4月23日に、2023年3月末の開業を目指す芳賀・宇都宮LRT車両の愛称を「ライトライン(LIGHTLINE)」に決定したことを発表しました。

車両名称の「ライトライン」は、愛称案から40,668票の投票の結果で決められたもの。“ライト”は同地域を表わす「雷都」を冠し、LRT(Light Rail Transit:ライトレール・トランジット)の一部であるほか、光や明るいといった意味を持つことから、「(未来への)光の道筋」というメッセージも込めています。

 

【出展元】
LRT車両の愛称が「ライトライン」に決定しました

 

アンケート結果

称案主な意図票数
ライトライン
(LIGHTLINE)
雷都+LINE(道筋・つながり)19,840票(48.8%)…最多得票
ウィライト
(WELIGHT)
West(西)とEast(東)+雷都
We(私たち)+雷都
3,653票(9.0%)
ミライド
(MIRIDE)
未来+雷(らい)+RIDE(乗る)10,497票(25.8%)
ミライトラン
(MILIGHTRUN)
未来+雷都+RUN(走る)6,678票(16.4%)
 

 


宇都宮LRT(ライトレール)は、JR宇都宮駅東口から本田技研北門(芳賀町下高根沢)までの約15kmを優先整備区間として、建設工事が始まりました。当初は2022年春の開業を目指していたが、2021年1月に1年程度遅れるとの見込みを発表しています。

軌間は宇都宮近郊に乗り入れる他路線との直通運転の可能性を考慮して、狭軌(1,067mm)が採用されました。開業時点では全線の最高速度は40km/hですが、将来的には軌道法上の特認を得て、併用軌道区間で50km/h鬼怒川を渡る専用軌道区間では70km/hの高速運転を行う計画です。さらに快速運転を行うため、途中駅に待避線が設けられるなど、従来の路面電車の常識を打ち破る計画となっています。

 

宇都宮LRT(ライトレール)の車両外観デザインが決定!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です