MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

近鉄50000系電車『しまかぜ』(外観編)


近鉄50000系電車「しまかぜ」は、近畿日本鉄道(近鉄)の特急形車両です。近鉄沿線の最重要観光拠点である伊勢志摩地域の活性化を推進する切り札として、今までにない「鉄道の旅」を提供し、乗ること自体が楽しみとなるような次世代新型観光特急として企画されました。伊勢神宮の第62回神宮式年遷宮のタイミングに合わせて、2013年3月に大阪難波、近鉄名古屋から賢島間で営業運転を開始し、2014年10月からは京都発着便が設定され、同年までに6両編成3本計18両が製造されました。車両愛称の「しまかぜ」は、志摩に吹く風の爽やかさと、車内で過ごす時間の心地よさから名づけられました。

【出展元】
次世代 新型観光特急「しまかぜ」、平成25年3月21日デビュー!

 

近鉄50000系電車『しまかぜ』(車内・プレミアムシート編)



近鉄50000系電車『しまかぜ』(カフェ車両<食堂車>編)



近鉄50000系電車『しまかぜ』(サービス設備編)



 

アーバンライナーを手がけた山内氏が「しまかぜ」をデザイン



しまかぜは「アーバンライナー」「さくらライナー」「伊勢志摩ライナー」など、近鉄を代表する特急のデザインに携わってきた山内陸平氏と、井上昭二氏がデザインを担当しました。山内氏は「しまかぜ」のコンセプトを出発駅で乗客が抱く期待感を目的地まで持続させるように「わくわく感の醸成と持続」と設定し、「少しでも上質な旅空間を」という思いでデザインしたと解説しています。

・アーバンライナー:1989年 ブルーリボン賞・グッドデザイン賞受賞
・さくらライナー:1990年 グッドデザイン賞受賞
・伊勢志摩ライナー:1994年 ブルネル賞(奨励賞)受賞
・しまかぜ:2014年 ブルーリボン賞

【出展元】
http://rys-design.com/

 

 



外観デザインはオレンジ色や黄色など、これまで暖色系の印象が強かった近鉄特急のイメージを覆す鮮やかなスカイブルーがテーマ色となっています。「伊勢志摩の晴れやかな空」をイメージしたファインブルーとクリスタルホワイトを基調に、編成全体で一つのデザインが作られており、平面で構成された直線基調のシャープなフロントマスクが斬新です。

 

 

 

 

移動手段としての電車を超える、乗ること自体が旅の目的となる車両



しまかぜ は車両を企画するにあたり、少子高齢化社会の到来、モータリゼーションの進展、乗客が鉄道に求める機能やサービスの多様化など、鉄道を取り巻く現実を踏まえたうえで求められるサービスを追求するため、下記の開発テーマが設定されました。

・移動手段としての電車を超える
・乗ること自体が旅の目的となる
・移動時間自体が楽しみとなる

 

 

 



テーマを具現化させるためアーバンライナーと同じく大規模なマーケティングリサーチが実施され求められる車両の姿を浮き彫りにし、得られた意見をもとに下記の車両コンセプトが設定されました。

1)広々とした座席空間
2)快適さを追求したプレミアムシート
3)様々な旅のスタイルにこたえるバリエーション豊かな客室
4)気持ちよくご乗車いただくための設備、サービス

 

 

 

従来の近鉄特急を超越した「豪華観光特急」が誕生!



マーケティングリサーチにより浮かび上がったニーズを具体化する為に在来の近鉄特急車両を遙かに凌駕するサービスを提供する車両が導入される事になりました。まず「しまかぜ」にはレギュラーシートがありません。全席がアーバンライナーのデラックスシートを超える本革のプレミアムシート(2-1人掛け)でシートピッチは「のぞみ」のグリーン車を超える1,250mmを確保し、両先頭車は展望室のあるハイデッカー構造となりました。

 

 



また、近鉄の伝統である2階建て構造を用いたカフェテリア車両及や、グループ向けのサロン席と和洋個室を設けるなど、利用者のニーズを徹底的に取り入れた設備が設けられまた。1両まるまる使用したカフェテリア車両(簡易食堂車)や個室・サロン車両は片道2時間強の昼行特急、しかも私鉄では通常あり得ない設備です。さらに専属のアテンダントが乗車し乗客を手厚くもてなしてくれます。近鉄の「しまかぜ」に対する気合いの入れ方が尋常ではない事がわかります。

 

 

 

フルアクティブサスペンションシステムを全車両に導入



「しまかぜ」は車両の横揺れを軽減して乗り心地を向上させる設備として、フルアクティブサスペンションシステムが全車両に導入されました。このシステムは、車体に備えられたセンサーで車体の振動を検知して、逆方向の力をアクチュエーターより発生させ、振動を打ち消すようにコンピュータで制御する仕組みで、ワンランク上の乗り心地を提供する優れた振動制御装置です。まるで超高層ビルの制震装置『TMDTuned Mass Damper』みたいですね。

ちなみに同システムを編成全車両に搭載したのは、新幹線以外では「しまかぜ」が初めてです。よく整備された標準軌の軌道と合わせてフルアクティブサスペンションシステムが乗客に極上の乗り心地を提供しています。

【出展元】
https://www.jsme.or.jp/tld/home/topics/no045/topics4.html
https://www.nipponsteel.com/news/20130325_100.html

 

 

 

全席に特急料金とは別に「しまかぜ」特別車両料金を設定



しまかぜは、従来の近鉄特急とは一線を画するサービスを提供し、レギュラーシートの設定が無い為に全席に特急料金とは別に「しまかぜ」特別車両料金が設定されました。今までの普通運賃+特急料金に1050円を追加するだけで「しまかぜ」に乗る事が出来ます。

例:大阪難波駅から賢島駅に行く場合

片道あたり
普通運賃:2,350円 + 特急料金:1,640円 + しまかぜ料金:1,050円 = 合計5,040円

※和洋個室を利用する場合は別途個室料金/1室1,050円が必要

 

 

 

採算度外視の「しまかぜ」は伊勢志摩リゾートの広告塔



しまかぜの建造費は当初の2編成が研究開発費込みで37億円、追加1編成は14.5億円で、6両編成×3本で51.5億円でした。単純計算で1両当たり2.86億円、在来線の通勤電車が1億円~1億6000万円なので相当な高額車両です。

かなり乱暴ですが、しまかぜの売上をシミュレーションしてみます。

しまかぜの乗車定員は138名(カフェ車両を除く)で、運賃・特急料金・しまかぜ特別車両料金を合計した大阪難波―賢島間の総額は5,040円です。現実にはありえませんが、3編成が1年間乗車率100%で稼働し、全員が最高運賃・料金を支払った仮定すると年間売上げは約13億円になります。実際は乗車区間が短い利用者や空席があり、運行経費を差し引いて考えるとしまかぜ単体で利益を上げるのは難しそうです。

 

運賃・特別料金:5,040円(大阪難波―賢島間)
定員:138名(カフェ車両を除く)

片道売上:¥5040*138名=¥695,520-(名古屋・京都便も同額と仮定)
往復売上:¥695,520*2=¥1,391,040-
3編成の1日の売上:¥1,391,040*3=¥4,173,120-

運休日(火曜)を除いて通年フル稼働:¥4,173,120*(365-52)=¥1,306,186,560-

 

 

 



しかし、しまかぜの目的地、伊勢志摩エリアは近鉄が開発した一大リゾート地で同社グループのホテルやテーマパーク、観光施設が沢山あります。しまかぜは、目的地への交通手段である電車に「乗る」こと自体を目的としつつ、広告塔としての役割を担わせ、同社グループ施設に利用者を送り込む集客マシンであると同時に、伊勢志摩エリアの知名度を上げるためのマーケティングツールとなっています。

 

 

 

伊勢志摩に泊まりたくなる絶妙なダイヤ



しまかぜは火曜日を除く、平日・日祝日に難波、京都、名古屋から賢島間を1日1往復しています。デビューから約7年が経過しましたが未だに人気が高く、簡単に乗車できない状態が続いており、「しまかぜに乗る」事自体にプレミアム感があります。

さらに絶妙なのがダイヤ設定です。出発が遅く、終発が早い、「しまかぜ」に乗ると日帰りでは勿体なくなる様な時間設定になっており、利用者に宿泊を促している事が解ります。

「しまかぜ」は近鉄グループ全体で収益を上げるビジネスモデルを構築する事で成り立っている特別な観光特急なのです。

<しまかぜのダイヤ>

大阪難波:10:00 →賢島:13:02
京都:  10:00 →賢島:12:47
名古屋: 10:25 →賢島:12:26

 

賢島:16:00  → 大阪難波:18:21
賢島:16:00  → 京都  :17:38
賢島:16:00  → 名古屋 :17:44

 

 

 

 

しまかぜ写真集

賢島駅に停車中のしまかぜ。

 

 

 


ハイデッカー構造を採用した先頭車両。新幹線の真逆を行く巨大な窓素晴らしい眺望を生み出している。

 

 

 


平屋構造の2・5号車。先頭車両と同じく巨大な窓がズラリと並ぶ。

 

 

 


乗降ドアー付近の様子。

 

 

 

大和八木駅に停車中のしまかぜ。終着駅の大阪難波まであと少し。

 

 


五位堂駅を通過したしまかぜ。

 

1 COMMENT

アリー my dear

憧れの『しまかぜ』、まだ乗ったことがありません(^o^;)
早く乗ってたっぷり堪能したいです(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE