【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

PMO EX 本町三丁目PJ (仮称)本町3丁目プロジェクトの最新状況 22.11 【2025年6月竣工】


2022年5月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2022年月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 

 

 

 


南側から見た様子です。隣の旧大阪KALビルの敷地が加わったので、かなりの大型ビルが建設出来そうです。

 

 

 


解体足場に覆われた旧大阪KALビルの様子です。

 

 

 


南東側から見た様子です。

 

 

 


最後は北西側から見た様子です。

 

2022年4月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2022年2月だったので、約2ヶ月振りの取材です。

 

 

 


南側から見た様子です。 隣の旧大阪KALビルの敷地が加わる事で、より大きな開発となる可能性が出てきました。

 

 

 

 


解体中の大阪KALビルの様子です。全体が解体足場に覆われ旧ビルは見えなくなりました。

 

 


南東側から見た様子です。

 

 

 


最後は北西から見た様子です。

 

2022年2月の様子

 


現地の様子です。前回の撮影が2022年1月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 

 

 


先日お伝えした通り、旧大阪滋賀ビル解体工事に隣接する、旧大阪KALビルの解体工事が始まりました!

 

 


真正面から見た旧大阪KALビルの様子です。この個性的な形状のビルもいよいよ見納めです。

 

 


子供の頃に「セルフ大西」などに商品を仕入れる為に時々、本町界隈に連れてこられましたが、このビルが宗教っぽい悪の組織的な(笑)気がして『見るのが怖い』と感じました。今見るとメタリックでSF的な印象を受けるので年代によって感じ方が変わるんもんですね。

 

 


西側から見た様子です。解体足場が組まれつつあります。

 

 


最後は北西から見た様子です。旧大阪KALビルの敷地が再開発に加わる事で新ビルが大きくなる事は確実です。事業者からの発表が待ち遠しいですが、もしかすると何かサプライズがあるかもしれませんね!

 

2022年1月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2021年11月だったので、約2ヶ月振りの取材です。

 

 

 


南側から見た様子です。

 


ハイアングルで見た内部の様子です。旧ビルは完全に姿を消していました!

 

1 2 3

7 COMMENTS

しろきちさん

これ、ひょっとすると「PMOシリーズ」ではなく、「野村不動産本町ビル(仮称)」みたいな感じになるかもしれないですね。

アリー my dear

高層ビルではなかったですけど、まずまずの規模で手堅い計画だと思いました。

直之

KALビル北側の旧アリエッタホテルも解体用足場が組まれてます。KALビル東側水素ステーションも含むと相応の面積になりますね

ぽり

衣料卸問屋さんから仕入れられていたのですね。弊社は記事中の卸問屋さん数社に量販部門が店舗関連品を納めていました。 一般小売店向け用品は今は中国製になってしまいました。 KALビルは旧大阪滋賀ビル低層部にコの字型ガラス(ドイツ製プロフィリットガラス)に意匠を合わせたステンレスウォールだと思われます。同年代東芝の各地小型流通センター事務棟などにもプロフィリットガラスが使われていましたが、90年代流通センター再編で売却されましたが、大阪府内の一部が雑居ビルとして残っています。滋賀ビル建設の翌年に南久宝寺にプロフィリットガラスを逆使いにして建てられたマニア向けビルがあります。ドラマ科捜研の女に商品提供されている会社です。

アリー my dear

中規模サイズのオフィスビル『PMO』。この現場の建築計画のお知らせ掲示はまだのようですが、早く見たいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。