【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

JR西日本が岡山・備後エリアに導入する新型車両227系のデザインを発表!101両を2023年度以降に順次導入


JR西日本は2022年5月10日付けのニュースリリースで、岡山・備後エリアに導入する新型車両のデザインを決定したと発表しました!新型車両は広島エリア、和歌山エリアなどで導入されている227系で、2両編成と3両編成の計 101 両を2023年度以降に順次導入する予定です。

【出展元】
岡山・備後エリアに導入する新型車両のデザインの決定について

 

 


デザインコンセプト 「豊穏の彩」(ほうおんのいろどり)「豊穏」とは豊饒と穏和からの造語で、岡山・備後エリアの豊かで穏やかな気候・風土を 表現。岡山の桃、福山のバラ、尾道の桜など、沿線を象徴するピンク色をシンボルカラーに、太陽の恵みや穏やかさを暖色のグラデーションで表現しています。ピンク色のアクセントカラーとは中々斬新なカラーリングですね!!

 

 


岡山・備後エリアの227系は、衝撃吸収構造の車体、先頭車間の転落防止ホロ、戸挟み検知装置、運転士異常時列車停止装置導入し、バリアフリートイレ、車椅子・ベビーカー用のスペースを設置するほか、自動温度調節が可能な空調や自動換気機能の採用で、快適性の向上を図ります。さらに、出入口付近のスペース拡大、車内ドア上部の情報表示装置による2か国語での行先案内など、乗客の利便性向上にも配慮した設計となっています。

上のパースを見ると窓とシートの位置関係から、ドア間のシートを1列減らして立席スペースを大幅に拡大させている様に見えます。これは詰め込み前提の設計・・・なのかもしれません。実車を見てから判断したいと思います。

なお、JR西日本では、利用者などに親しみを持ってもらうことを目的に、新型車両の愛称を募集するとの事です。

1 COMMENT

アリー my dear

広島の227系の愛称は『レッドウィング』。そのため岡山地区に投入されるこの227系は『ピンクウィング』でしょうか(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。