【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

JR九州「博多駅空中都市プロジェクト」が始動!博多駅の線路上空を立体的に活用し大規模ビルを建設【2028年末竣工予定】



JR九州は、2022年3月16日付けのニュースリリースで、同社がこれまで構想として検討を進めていた、博多駅の線路上空を立体的に活用する「博多駅空中都市構想」を、「博多駅空中都市プロジェクト」とし、2028年末の竣工に向けて事業着手するすると発表しました!

このプロジェクトは、福岡市が博多駅周辺地区で進めている「博多コネクティッド」を推進し、 博多駅の活力とにぎわい周辺につなげる、博多駅線路上空に新たな“都市”をつくる構想です。計画地は、博多駅線路上空(在来線竹下側) 敷地面積:約 5,200 ㎡。基準階プレート約 1,000 坪の大規模オフィスや、全室 35㎡以上の高級ホテルなどを計画しています。

博多コネクティッドとは、福岡市が主導する再開発の促進策で、容積率などの規制緩和により、耐震性の高い先進的なビルへの建替えや歩行者ネットワークを拡大する事、で都市機能の向上を図っていくプロジェクトです。

JR九州は、博多コネクティッドによる規制緩和を活用する事で、国際ビジネス都市・国際観光都市に相応しい機能を備え、博多口と筑紫口の回遊性を高め、にぎわいのある街並みを創出し、福岡を“世界から選ばれるまち” に高める方針を示しました。

【出展元】
~ 福岡の未来をつくる ~ いよいよ「博多駅空中都市プロジェクト」始動!

 

 



「博多駅空中都市プロジェクト」は、 博多駅線路上空に福岡のランドマークとなる新たな“都市”をつくり、福岡を“世界から選ば れるまち”に高める事を目標としています。 新ビルのコンセプトは、国際ビジネス都市・国際観光都市に相応しい機能を備えた最先端複合ビル。オフィス、ホテル、にぎわいを創る商業や広場などを備えた一大空中都市が建設されます。

博多駅直結の高い交通利便性や、多駅周辺において最大規模の基準階プレート約 1,000 坪を実現し、福岡が世界に誇る最先端オフィスを整備。新ビルにはホテルも入居し、全室 35 ㎡以上のゆとりある客室、線路上空を活かしたトレインビューが楽しめる客室を設けたラグジュアリーホテルとします。

 

 



“脱炭素時代”をけん引する環境性能として、ビルで使用する電力にグリーン電源を採用、再生可能エネルギーの活用、まちに潤いを与える緑化の推進 、内装等への木質化の推進などを上げています。

回遊性向上とにぎわい創出に向けた取り組みとして、歩きやすく心地よい歩行者空間の創出 (外壁のセットバックなど)、広場等を使ったにぎわい創出 (イベント、アートによる文化発信など)、多口と筑紫口を結ぶ新たな動線の設置 、筑紫通り高架下の環境改善などが図られます。

 

 



活力のある街とは、更新の速度 > 老朽化の速度 だと思っています。活力の無い街は時代遅れの施設の更新が進まず、どんどん古びて行き停滞した雰囲気を醸し出します。一方、活力のある待ちは、時代遅れの建物の更新がドンドン進み、街が清潔で便利に生まれ変わって行きます。

福岡市は、天神ビッグバンや博多コネクティッドといった規制緩和策によって老朽ビルの建替えを促進し、都市機能の更新を図っています。年々美しく生まれ変わる街は、まだ成長途中の青年の様な都市で勢いを感じます。

今回、JR九州が明らかにした「博多駅空中都市プロジェクト」。博多駅線路上空(在来線竹下側) 敷地面積:約 5,200 ㎡に大規模ビルを新築するという大胆な構想が明らかになりあした。また、2028年末という完成目標年度が示され、今後計画を詰めて行く事になります。

 

関連記事

博多駅空中都市構想 JR博多シティの増床は地上約60m、オフィス・ホテルを勧誘【博多コネクティッド】



西日本シティ銀行の本店ビルを建て替え!「博多コネクティッド」を活用し保有ビルを連鎖的再開発



博多イーストテラス(仮称)博多駅東一丁目開発(旧博多スターレーン跡地)は2022年8月竣工予定!【博多コネクティッド】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。