MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

博多駅空中都市構想 JR博多シティの増床は地上約60m、オフィス・ホテルを勧誘【博多コネクティッド】

JR九州は2019年3月19日に「JR九州グループ中期経営計画 20192021」を決議し内容を発表しました。その中ででJR博多シティを増床する「博多駅空中都市構想」を発表、博多駅の在来線の線路上空を立体的に利用した複合ビルの建設が明らかになりました!増床部分は、在来線ホームと線路上に数百億円かけて建設し、オフィス、ホテル、商業施設からなる都市機能が更に強化されます。JR九州は、福岡市が進めている再開発誘導策「博多コネクティッド」を活用し、現状の駅ビルの高さ約60mより上乗せを目指しています。

【出典元】 →「JR九州グループ中期経営計画2019―2021」 ~次の「成長ステージ」に向けて~     

JR九州は、博多駅の線路上に開発を進めている複合ビルについて、地上60m、12階建てとしホテルやオフィスを誘致する方針を固めました。在来線ホーム上にR博多シティなどと並ぶ高さ60m、敷地面積約5000㎡のビルを開発し、博多駅の新たな集客拠点とする計画です。1階は6メートルの吹き抜け空間を設けカフェなどを誘致した交流スペースとし、3~8階はオフィスフロア、9~12階にホテルが設けられます。


 

 

福岡市が進める再開発促進構想「博多コネクティッド」


福岡市は、九州最大のターミナル「博多駅」の活力と賑わいをさらに周辺につなげていく、再開発誘導策『博多コネクティッド』を進めています。対象エリアは博多駅から半径約500m,約80haの地域で、福岡市都心部容積率特例制度、ビルへのテナント優先紹介、行政によるビルのPR、特定都市再生緊急整備地域(金融支援,税制優遇など)、航空法の高さ制限の承認など、規制緩和と行政による開発支援を行い、対象エリアに民間投資を呼び込み、再開発を誘発させ経済を活性化させる取り組みです。

【出典元】
博多駅の活力と賑わいをさらに周辺につなげていく 『博多コネクティッド』始動!!

 

 


JR九州は2019年3月に、福岡市などが進める博多駅周辺の開発計画「博多コネクティッド」の一環として博多駅の在来線ホーム上の開発計画「博多駅空中都市構想」を発表しました。年内にも具体的な計画案が発表される見込みです。

1 COMMENT

アリー my dear

おはようございます(^_^)

天神のみならず、博多駅周辺も生まれ変わらせようとする福岡市の積極的な姿勢がとても良いですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE