MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

西日本最大規模「アマゾン尼崎フルフィルメントセンター」を兵庫県尼崎市に開設!アマゾンロボティクスや自動荷合わせシステムを導入



 

アマゾンジャパンは2022年3月22日付けのニュースリリースで、同社の物流拠点としては西日本最大となる「アマゾン尼崎フルフィルメントセンター」を兵庫県尼崎市に開設したと発表しました!

尼崎FCは、商品保管容量約2.8万m3、延べ床面積は100,000㎡以上で、「Amazon Robotics (アマゾンロボティクス)」や先端技術を導入。

Amazon Roboticsは、商品棚を持ち上げて働く方々の元に移動するロボットで、在庫商品を保管し、注文に応じて商品をピッキングする時間を削減することが可能となります。また、最大で40%多くの在庫を保管することができ、豊富な品揃えをご提供します。さらに、Amazonが日本で改良した自動荷合わせシステムを導入し、効率性を高めるとしています。

FC内では、30種類以上の職種を用意。安全衛生を管理するセーフティー、物の流れや出荷期限を管理するエリアマネージャー、テクノロジーを使って商品のピッキング、梱包、出荷作業を担うポジションなど、2,000人以上の雇用機会を創出するとしています。また、定期的な地域との交流を通じて、特に子供たちへの学びの機会を設けます。

 

【出展元】
Amazon、西日本最大の物流拠点を尼崎に開設

施設概要

名称:アマゾン尼崎フルフィルメントセンター
所在地:兵庫県尼崎市
延べ床面積: 100,000m2以上
商品保管容量: 約1,000,000立方フィート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です