【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

MFLP 茨木 (三井不動産ロジスティクスパーク茨木)は延床面積24.1万㎡の規格外過ぎる巨大マルチテナント型物流施設!


MFLP 茨木(三井不動産ロジスティクスパーク茨木)は、大阪府茨木市彩都あかね4に所在するマルチテナント型物流施設です。鉄骨造(免震構造)、地上6階建て、敷地面積:108,671m2、延床面積:241,841m2に達する、単独施設としては日本最大級を誇る巨大物流倉庫です。

【出展元】
→三井不動産>MFLP 茨木
→新日鉄住金エンジニアリング>三井不動産ロジスティクスパーク茨木(MFLP 茨木)新築工事の竣工について

 

 


MFLP 茨木は、各階にトラックバースと両側にランプウェイを配したマルチテナント型で、2017年9月竣工しました。名神高速道路「茨木 IC」から至近の距離にあり、近畿圏全域や日本全国への配送拠点として高いポテンシャルを有しています。

新日鉄住金エンジニアリングの独自構造設計ノウハウである「グリッド設計」(柱スパンの最適化設計)による躯体コスト削減や、1階床の鉄骨構造化による省力施工で工期短縮が図られました。また、同社が開発した「鉄」の免震装置、球面すべり支承「NS-SSB」を 409台採用しており、積載荷重が変化しても免震性能が影響を受けない特長を活かし荷主の商品を守ります。

 

 



 

MFLP 茨木は、いままでにない物流施設を目指し、従業員が快適なひと時を過ごせる多彩な空間が設けられました。三井不動産の高級マンション「パークマンション」デザイナーが手掛けたアートや水景施設を施したエントランスを設けた他、1階にカフェテリア、6階には約230席を確保したスカイラウンジ、そして屋上には、働く従業員の休憩場所として、開放的なスカイデッキを設置。遠く、大阪都心部まで見渡せます。

カフェテリア内には温かい料理が提供できるように食堂サービスを開設、従業員獲得には、入居企業サポートのために、「アイデム」と連携。求人サイトを無料で用意しています。さらに、近くにある「ららぽーとEXPOCITY」との連携による従業員割引サービスの提供も行っており、三井不動産グループの強みを生かしつつ、ワーカーの労働環境を整える取り組みが行われています。

 

 

 

施設概要


名称:MFLP 茨木(三井不動産ロジスティクスパーク茨木)
所在地:大阪府茨木市彩都あかね4番
階数:地上6階建て
構造:鉄骨造(免震構造)
主用途:マルチテナント型物流施設
敷地面積:108,671m2
延床面積:241,841m2
総賃貸面積:208,811m2
建築主 :三井不動産
設計:新日鉄住金エンジニアリング
施工:新日鉄住金エンジニアリング
着工:2016年05月
竣工:201709

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。