MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

三井不動産の物流施設「MFLP船橋Ⅲ」が完成!緑地空間「MFLP船橋・&PARK」も竣工、船橋オートレース場の跡地に



三井不動産は2021年6月30日付けのニュースリリースで、千葉県船橋市に整備を進めていた物流施設「MFLP船橋Ⅲ(約27万m2)」が竣工したと発表しました。
また、7月1日には地域に開放された約2万m2の緑地空間「MFLP船橋・&PARK」も竣工し、同社が8年がかりで開発してきた、総延床面積約70万m2の街づくり型物流施設「三井不動産ロジスティクスパーク船橋(MFLP船橋)」の全体計画が完成する事になりました。

【出展元】
総延床面積約70万m2、業界最大の街づくり型物流施設が完成「三井不動産ロジスティクスパーク船橋Ⅲ(MFLP船橋Ⅲ)」「MFLP船橋・&PARK」竣工

 

 



 

「MFLP船橋」は、三井不動産が開発した街づくり型物流施設で船橋オートレース場の跡地に開発されました。今回完成した「MFLP「MFLP船橋Ⅲ」は敷地内3棟目の施設なります。

 



 

外観デザインは「陸」をイメージした物流センターらしからぬスタイリッシュさで新世代の物流センターを予感させます。先行して完成した他の2棟は、それぞれ船橋Ⅰが「空」船橋Ⅱが「海」をイメージしています。

 

 



 

「MFLP船橋Ⅲ」は8階建ての物流施設で、敷地面積約5万8800m2、延床面積約27万m2。各階の倉庫・トラットラックバース面積は約 2万7000m2で業界最大級の施設規模です。三井不動産は「現在考えうる最新鋭の物流施設」としています。

事務所の天井高は全フロア約3.6m を採用し、緑地空間を一望できる開放的なオフィス環境を実現。倉庫内は全館空調を実装し快適な労働環境が整備されました。

トラックバースは全フロアが国際基準である45ftコンテナ車両に対応可能とする他、免震構造・72時間対応の非常用発電機等のBCP対策や、車番認証システムを採用したトラックゲート、フラッパーゲートや顔認証システムによる入退館管理等、オフィスビル同等のセキュリティ計画も完備し、業界トップレベルの施設スペックを実現しました。

 

 

 

 



物流業界はこれまで「3Kの職場」と呼ばれてきましたが、少子高齢化を迎えた状況下では従業員確保が非常に重要となります。その為に、最新の物流センターは、労働環境の改善が大きなテーマとなっており、「MFLP船橋」では『喜んで働いてもらえる環境づくり』に徹底的にこだっています。

具体的には、充実した共用部と最先端な感染症対策による快適かつ、安心・安全な職場環境の提供共用部には、街並みを一望できる屋外テラスやラウンジを設置し、施設で働く人々に快適なワークプレイスを提供。
ラウンジには貸会議室を用意する他、一部区画には入居テナント専用のプライートガーデンを用意し、BBQやゴルフ等のイベント開催が可能な共用部を提供します。

さらに感染症対策においても、非接触型のエレベーターや各階トイレの利用状況みえる化システムを採用する等、万全の対策を徹底しています。

 



脱炭素社会の実現に向けた環境面での取り組みも充実しています。「MFLP船橋Ⅲ」の屋上には、自用の太陽光発電設備(設備容量:約1000kW、発電量:約100万kWh/年)の設置等により共用部使用電力の 100%グリーン化を図ります。

また専用部では、入居テナント各社のグリーン化計画に対応して「グリーン電力提供サービス」により、顧客ニーズに応じて柔軟なメニューを提供し、入居テナントの抱えるRE100やESGの課題解決、SDGsの推進をサポートします。

加えて「CASBEE」で「Sランク」、「BELS」で「5STAR」と国内最高評価を取得した他、倉庫内の全階で人感センサー・調光機能付きのLED照明を採用し、大幅な省エネを実現し徹底した環境対応を実現しました。

 

物件概要


名称三井不動産ロジスティクスパーク船橋Ⅲ(MFLP船橋Ⅲ)
所在千葉県船橋市浜町2-4-7
敷地面積58,857m2
延床面積271,051m2
規模・構造地上8階建て・RC・S造・免震構造
設計者・施工者株式会社大林組
着工2019年9月2日
竣工2021年6月30日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です