MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

JR西日本不動産開発が兵庫県加古川市で初の物流施設の開発に着手!



JR西日本不動産開発は、2021年4月5日付けのニュースリリースで兵庫県加古川市において、同社初となる物流施設「加古川平岡町NKビル新築工事」の開発に着手したと発表しました。施設は、地上4階建てのマルチテナント型物流施設で、2階部分へ大型車両が直接乗入れ可能なスロープを設け、最大6テナントが入居可能な計画です。規模は、敷地面積:16859.59m2、延べ床面積:32274.14m2で、設計・監理・施工は熊谷組が担当し、2022年5月の竣工を予定しています。

 

【出展元】
兵庫県加古川市にて当社初の物流施設の開発に着手 ~ 加古川平岡町NKビル新築工事 2022年5月竣工予定 ~

 

 

当該地は、加古川バイパス沿いに立地し、「加古川東ランプ」へ1km圏、第二神明道路「明石西インターチェンジ」へ3km圏で幹線道路へのアクセスが容易な交通利便性が高く、豊富な労働人口を抱える立地環境で雇用確保の面でも恵まれた立地です。

JR西日本不動産開発はこれまで、商業施設・オフィスビル・住宅などの開発を推進してきましたが、今回、同社初となる物流施設の開発が始まった事でさらに事業領域が拡大する事になります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です