【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

大阪南港に日本最大級・延床面積27.2万㎡の物流施設が誕生!レッドウッド南港中ディストリビューションセンター(仮称)の状況 16.07

th_001_20160111152037f5c.jpg


レッドウッドグループは2015年3月25日に、大阪市住之江区南港中1丁目でマルチテナント型施設
「レッドウッド南港中ディストリビューションセンター(仮称)」の開発に着手したと発表しました。上の完成予想パースは4棟に見えますが実際は2棟で、画像右側が1期棟、左側が2期棟となります。約12万7000㎡の敷地に、地上4階建のマルチテナント型物流施設2棟、延床面積約27万2000㎡の規模で建設する予定で、日本国内では最大級の超巨大物流倉庫が誕生する事になります。

レッドウッド南港中ディストリビューションセンター(仮称)は、大阪市南港の中心部に位置し、大阪市中心部まで阪神高速道路で約15分でアクセス可能。関西のみならず、西日本全域への配送拠点として利用する事が出来ます。前面道路は40mの幅員と広く大型のコンテナ車でも自由に入出荷する事が出来ます。

■概要
名称:レッドウッド南港中ディストリビューションセンター(仮称)
所在地:大阪府大阪市住之江区南港中1丁目

第1期
敷地面積:5万8660㎡
建物規模:4階建て12万5707㎡
竣工予定:2016年12月


第2期
敷地面積:6万8270㎡
建物規模:4階建て約14万6000㎡
竣工時期未定




【出典元】
レッドウッドグループ>最新プロジェクト

【過去記事】
大阪南港に日本最大級・延床面積27.2万㎡の物流施設が誕生!レッドウッド南港中ディストリビューションセンター(仮称)の状況 16.01








th_002_20160111152041efb.jpg

各棟は2基(上り、下り専用)のランプウエイにより、各階に40フィートコンテナ車が直接乗り入れ接車が可能です。また、建物の屋上には約6000kwの太陽光発電設備を設置し、環境に配慮し、環境に優しい物流センターを目指しています。全完成時にの延床面積は27.2万m2に達する巨大な物流施設となり、日本でも最大級の開発プロジェクトです。1期工事は2015年11月着工、2016年11月の完成予定となっています。














th_IMG_0041_20160715233226975.jpg


現地の様子です。既に1期部分の建屋が姿を表しており、外観は完成に近い所まで出来上がっていました!
















th_IMG_0030_201607152332256b4.jpg


【スペック】
名称:(仮称)レッドウッド南港ディストリビューションセンター1新築工事
所在地大阪市住之江区南港中1丁目9-1,9-3の1部
階数:地上4
高さ:28.8m
構造S
杭・基礎
主用途:倉庫業を営む倉庫
部屋数:
敷地面積:57,051.88 m²
建築面積:33,025.91m²
延床面積:125,693.57m²(内、容積対象面積112,701.39㎡)
建築主:RW南港特定目的会社
設計者前田建設工業
施工者:前田建設工業
着工:2015年11月
竣工2016年11月(予定)


















th_IMG_0037_20160715233228fa8.jpg



アップで見た様子です。手前の広大な敷地には2期棟が建設される予定となっています。















th_IMG_0020_201607152332292cc.jpg


対岸から見た様子です。巨大物流センターの特徴である螺旋状のランプウェイが見て取れます。












th_IMG_0022_20160715233309790.jpg


最後は引き気味で見た、(仮称)レッドウッド南港ディストリビューションセンタ1新築工事の全体の様子です。





4 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。