MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

『(仮称)Dタワー富山』大和ハウス工業が富山市に県内最大の基準階面積オフィス・商業複合ビルを建設!【2024年3月竣工】

大和ハウス工業は2022年6月8日付けのニュースリリースで、富山県最大の基準階面積を誇る複合テナントビル「(仮称)Dタワー富山」を本日着工すると発表しました!

新ビルは、JR「富山」駅より徒歩3分に位置。鉄骨造、地上7階建て、高さ:47.21m、敷地面積:4,000㎡、建築面積:2,793.43㎡、延床面積:16,829.82㎡の規模で、飲食店舗・物販店舗(1階)・オフィス(2~7階)・駐車場などで構成された複合ビルとなります。総事業費は約80億円で2024年3月12日の竣工を予定しています。

【出展元】
→大和ハウス工業>複合テナントビル「(仮称)Dタワー富山」着工

(仮称)Dタワー富山は、富山市が2019年7月に募集した「中規模ホール整備官民連携事業」の余剰地に建設される施設で、民間企業が富山市体育館跡地で中規模ホールをPFI事業にて整備し、大和ハウス工業が余剰地を購入、民間付帯事業として開発を行います。
新ビルのフロアプランは、1階の商業スペースには、飲食・物販など約5店舗の入居。2~7階のオフィススペースは、最小約90㎡から最大約1,800㎡までの区画を用意し、約50社が入居可能。2階には、休憩スペースや会議室、自席以外でPC作業等の仕事ができるタッチダウンオフィスを設置します。
 

富山市では2001年から2020年まで新規のテナントビル供給がなく、築30年以上のビルが7割を占めており、設備の老朽化が進んでいます。複合テナントビル「(仮称)Dタワー富山」の開発は、久々の大規模オフィスの供給となり注目を集めそうです。

 

計画概要


物件名称「(仮称)Dタワー富山」
所 在 地富山県富山市牛島町109-3
交  通JR「富山駅」より徒歩3分
敷地面積4,000.00㎡
建築面積2,793.43㎡
延床面積16,829.82㎡
構造・規模鉄骨造・地上7階建て(最高高さ:47.21m)
建物用途飲食店舗・物販店舗(1階)・オフィス(2~7階)・駐車場(150台)
事 業 主大和ハウス工業株式会社
設  計久米設計・押田建築設計事務所 設計・工事監理共同企業体
施  工北野建設株式会社
総事業費約80億円
着  工2022年6月8日
竣  工2024年3月12日

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です