【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

世界の住みやすい都市ランキング2022年版 大阪が10位でアジアトップを堅持!英誌エコノミスト発表



エコノミスト誌の姉妹誌であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIC)は、毎年恒例の「世界で最も住みやすい都市」ランキングを発表しました。正式名称は「The Global Liveability Index 2022」で、EICは、インフラ、医療、犯罪発生率、教育システム、政治・社会の安定性、文化・環境などの指標を元に世界173都市を調査し、リストを作成しています。

 

【出展元】
エコノミスト・インテリジェンス・ユニット>New Liveability Ranking and Overview
→Bloomberg>最も住みやすい都市ランキング、大阪が10位ーウィーンは首位に復帰

 

 



2022年、世界に新たな「最も住みやすい都市」に選ばれたのはオーストリアのウィーンでした。ウィーンは、グローバル・リバビリティ・インデックスの総合ランキングで100点満点中99.1点を獲得し、医療・安定・教育などの指標で100点満点を獲得しました。

2021年には12位でしが、これは主に当時実施されていたCOVID-19の規制でレストランや美術館が閉鎖された原因だったとBloombergは報じており、オーストリアの首都が今年1位に上り詰めたことは非常に注目されるところです。

また、2022年のワードで最も住みやすい都市のリストで注目すべきは、アメリカの都市が1つもトップ10に入らなかったことです。実のところ、トップ10はカナダとヨーロッパの都市で占められており、それ以外では日本から大阪、オーストラリアからメルボルンがランクインしました。

EIUはリポートで、過去2年間のランキングは新型コロナ禍の影響が大きかったが、最新の調査では、多くの国で制限措置が解除されたため、ランキングが「正常化した」と指摘しています。

 

 

最も順位を上げた都市、下げた都市



パンデミックが引き続き大きな動きを牽引しいます。今回の調査で最も順位を上げたのは、西ヨーロッパの都市です。ドイツ、イギリス、フランスのほとんどの都市は、1年前の調査では、デルタ株の波が大陸全体に広がり、まだCOVID-19の規制下にあったため、順位を下げていました。しかし、COVID-19が流行が沈静化しはじめ、平常の状態に戻りつつあることから、この順位は変化しています。

フランクフルトは過去1年間で32位上昇し7位、ハンブルグは31位上昇し16位となりました。カナダの3都市も同様の軌跡を辿り、トップ10に返り咲きました。

ニュージーランドとオーストラリアの都市は、ウェリントンとオークランドがそれぞれ46位と33位転落するなど、ランキングで最も下落した都市に挙げられています。両国は、2021年初頭のCOVIDワクチンが不足していた時期に恩恵を受けていました。国境が閉鎖されていたため、感染者が少なく、住みやすさが保たれていたのです。

オークランドは2021年初頭の調査で首位になりました。しかし、2021年後半にCOVID-19が流行し、国境が閉鎖されていたことが仇となり、この状況は一変しました。ニュージーランドの閉鎖は調査期間前の12月に終了しましたが、ニュージーランドの都市は、ワクチン接種の行き届いたヨーロッパやカナダの都市に対して、もはやCOVID-19の優位性はありません。

オーストラリアでは、州によって規制の解除が遅れているところがあります。その結果、パースとアデレードは昨年より順位を落とし、メルボルンが再びオーストラリアで最も高い順位を獲得しています。今後も、ダイナミックに政策を調整することが、上位を維持するための鍵になると思われます。

 

大阪がアジアでトップの座を堅持



アジアでトップの座を獲得した大阪のスコアを見ると、安定性、医療、教育の3分野で100ptを獲得し、インフラでも96.4ptの高いスコアを獲得しました。唯一のウィークポイントは文化・環境のカテゴリーで83.1ptと低迷しています。ここを90pt台まで伸ばす事ができれば、再びのベスト5入りが視野に入ってきます。

 

 

世界の住みやすい都市ランキング2022年版



世界で最も住みやすい都市ランキング2022

1)オーストリア・ウィーン
2)デンマーク・コペンハーゲン
3)チューリッヒ(スイス)(同率)
3)カナダ・カルガリー(同率)
5)カナダ・バンクーバー
6)スイス・ジュネーブ
7)ドイツ・フランクフルト
8)カナダ・トロント
9)オランダ・アムステルダム
10)大阪(日本)(同率)

10) オーストラリア・メルボルン (同率)

 

世界の住みやすい都市ランキング2021年版で大阪が世界第2位に躍進!英誌エコノミスト発表



世界の住みやすい都市ランキング2019年版で大阪が4位でアジアTOPを維持!英誌エコノミスト発表



世界の住みやすい都市ランキング2018年版で大阪が3位!英誌エコノミスト発表



4 COMMENTS

o-kinix

去年は2位だったので
選考基準が同じままでは今年の大阪はトップになってしまいそうだから
選考基準を変更してアジア全体の順位を落としたと邪推してるのですが
どうでしょうかねw
https://www.bbc.com/japanese/57423170

もりや

いつも通り、日本(東京)の大手マスコミは大きく報じてないですね。6/29の朝にYahooでニュース検索しても全然引っかからず…。
ネットメディアは記事にしていますが、記事内写真はいつもの道頓堀と新世界のようなステレオタイプな大阪の写真でした…。
せめてこちらのブログのような大阪城とOBPなどを載せてほしかったです。

LEACH

大阪が
ランクインは嬉しいが
一位がウィーン、二位がコペンハーゲンとか

イカニモ白人目線のランク付けって感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。