【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

「ハイアットセントリック札幌」(仮称)札幌北1西5計画の再開発ビルに216室で出店決定!【2024年開業予定】


NTT都市開発とハイアット ホテルズ アンド リゾーツは、2022年6月28日付けのニュースリリースで、札幌市中央区で開発中の「(仮称)札幌北1西5計画」に入居するホテルを『ハイアット セントリック 札幌』に決定したと発表した!ハイアットブランドとして札幌初進出となります。

再開発で建設される新ビルは、S造、SR造の制震構造で、地上26階、地下2階建て、敷地面積約4,606㎡、延床面積約60,916㎡。事務所、ホテル、店舗等で構成する複合ビルとなります。

ホテル部分の面積は約15,122㎡で、1階の一部および17~26階に入居。客室は全216室で札幌市街が一望できる。館内には、地元の食材を味わうことができるレストランのほか、宴会やイベントに利用できる多目的スペース、フィットネス施設などを備える計画です。竣工は20242月、ホテル開業は同年春を予定しています。

【出展元】
札幌にハイアットが初進出 ホテル名称は「ハイアット セントリック 札幌」に決定、2024年春開業
ハイアット、「ハイアット セントリック 札幌」の運営計画を発表

 

(仮称)札幌北1西5(旧北海道放送本社跡地)計画が着工! NTT都市開発が超高層ビルを開発 現地の最新状況 21.07



 

 

 

 

 


ハイアットセントリック金沢

「ハイアット セントリック」は、2015年に誕生した新ブランドで、世界中の旅先で常に抜群のロケーションに位置するフルサービスのライフスタイルホテルです。さまざまな活動の中心で、ひと味違う体験を求める慣れた現代の旅行客を「発見に満ちた旅へ誘う」ために作られたブランドです。ハイアットリージェンシーと同様に、こちらもビジネスやレジャーに幅広く対応しています。

国内では、ハイアットセントリック銀座 東京、ハイアットセントリック金沢に続く3軒目の出店となります。

計画概要


ホテル名称ハイアット セントリック 札幌
所在地北海道札幌市中央区北一条西5丁目1番4(地番)
敷地面積約 4,606㎡
延床面積約 60,916㎡
ホテル部分面積約 15,122㎡
建物高さ約 116.6m
ホテル客室216室
構造鉄骨造 / 鉄骨鉄筋コンクリート、制震構造
規模地上26階、地下2階、塔屋1階
用途事務所、ホテル、店舗、駐車場(136台(機械式立体駐車場))
交通地下鉄大通駅徒歩6分、JR札幌駅徒歩10分
事業主NTT都市開発株式会社
設計株式会社久米設計
施工大成建設株式会社
着工2021年10月
竣工2024年2月(予定)
ホテル開業2024年春(予定)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。