【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

『コンラッド名古屋』の進出が正式決定!標準客室面積約50㎡の5つ星最高級ホテルが『栄地区』に2026年夏頃オープン予定!



三菱地所とヒルトンは、2022年6月13日付けのニュースリリースで、「コンラッド名古屋」の開業に向けて契約を締結したと発表しました!「コンラッド名古屋」は、三菱地所、日本郵政不動産、明治安田生命、中日新聞社が共同所有し、ヒルトンが運営し 2026 年夏頃の開業を目指します。

【出展元】
名古屋・栄に「コンラッド名古屋」 2026 年開業予定

 

 

 


コンラッド大阪のメインダイニングの様子

「コンラッド・ホテルズ&リゾーツ」 は、世界的なホテルチェーンである「ヒルトン」が展開するラグジュアリーブランドで、現在、世界 5 大陸に 40 軒以上のホテルを展開しており、コンテンポラリーなデザイン や先進的なイノベーション、キュレーションアートを特徴としており、ローカルや世界の文化に触れることができるサービスを顧客に提供しています。国内では東京・大阪に続き3軒目の出店となります。

ヒルトンが展開するホテルブランドは多数ありますが、「コンラッド・ホテル」「ウォルドーフ・アストリア」「LXR ホテルズ&リゾーツ」と並ぶ、ヒルトン最高級のラグジュアリーホテルブランドに位置づけられており、ブランド名称はヒルトン・ホテル創業者の『コンラッド・ヒルトン』氏のファーストネームから名付けられました。

 

 

 


着工前の現地の様子

ホテルは、名古屋の都心である「栄地区」建設される地上41階建ての複合ビルの1011階および3141階に出店。地下鉄「栄駅」に直結し、ホテルのほか商業施設やシネコン、オフィスが入る予定。ビジネス街および名古屋城や熱田神宮などの観光名所へのアクセスにも便利な立地となります。

コンラッド名古屋は、スタンダードルームの客室面積が約50m2となり、ハード面では間違い無く最高級5つ星クラスのホテルとなります。客室数は170室で、オールデイダイニングやルーフトップバーなどの料飲施設4店舗、ジム、スパ、屋内プール、エグゼクティブラウンジを備えるほか、宴会やビジネスミーティングの需要に対応するため、最大約180名を収容できるボールルームや4つの会議室なども備える予定です。ホテルのデザインには、製造業やクラフトマンシップで知られる愛知県のアートや精巧な職人技を随所に取り入れられます。

 

 

 


生歌が響き渡るバー&ラウンジ

名古屋初の五つ星級ラグジュアリーホテルの誕生により、国内外の富裕層観光客やVIPなど、新たな顧客層の獲得に寄与することで名古屋の都市ブランド力向上に貢献する事が期待されます。ラグジュアリーホテルには独特の客層が集まり、庶民には伺い知れない文化があります。大都市の最大の魅力である『多様性』を高める為に、コンラッド名古屋は大きな力を発揮することになりそうです。

 

 

 

ホテル概要

【ホテル概要】
名称 :コンラッド名古屋
所在地 :名古屋市中区錦三丁目 2501 番 1、2501 番 2、2514 番
建物規模 :地上 41 階、地下 4 階、塔屋 1 階
高さ:約 211m
敷地面積 :4,866.40 ㎡
ホテル延床面積:約 23,900 ㎡
客室数 :170 室
共用施設 :オールデイダイニング、シグネチャーレストラン、 ロビーラウンジ&バー、ルーフトップバー、エグゼクティブラウンジ、 ジム、スパ、屋内プール、ボールルーム(宴会場)、 ボードルーム、会議室
着工: 2022 年 7 月 1 日
竣工: 2026 年 3 月(予定)
開業: 2026 年夏頃(予定)

 

 

これまでの経緯



名古屋にコンラッドが進出します!複数の報道機関が伝える所によると世界的ホテルチェーン「ヒルトン」がグループ最高級ブランド「コンラッド」を名古屋都心の栄地区に出店するとの事です。名古屋市に外資系の最高級ブランドホテルが進出するのは今回が初めてです。

ヒルトンが展開するホテルブランドは多数ありますが、名古屋に進出するコンラッド・ホテルは、ウォルドーフ・アストリアやLXR ホテルズ&リゾーツと並ぶヒルトン最高級のラグジュアリーホテルブランドで、国内では東京・大阪に続き3軒目となりますコンラッド・ホテルの名前は、ヒルトン・ホテル創業者の『コンラッド・ヒルトン』氏のファーストネームから名付けられました。

【出展元】
名古屋の超高層ビルに「コンラッド」国内3軒目、26年開業目指す

 

 

 


栄広場再開発(錦三丁目25番街区市有地等活用事業)のフロアプラン

進出を検討している場所は名古屋三越栄店の北側の敷地で、三菱地所などが計画している地上36階、地下4階建て、高さ200mの超高層ビルに入居します。新ビルは2022年着工、2026年開業予定で、ホテルは最上部に入り、中層部にオフィス、低層部に高級感のある専門店などが入る計画です。ヒルトン名古屋より高価格帯となり、富裕層や国際会議に出席する首脳級の利用が見込まれます。コロナ禍後の訪日観光需要の回復を見越した動きが加速しています。

名古屋・栄広場再開発(仮称) 錦三丁目25番街区計画は地上41階、高さ213mに拡大変更!新パースも公開【2026年完成予定】



 

1 COMMENT

山田太郎

このホームページの広告サイトには高級ブランドの日本語のおかしい詐欺通販が掲載されています。
削除願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。