新規プロジェクト情報などの書き込みは、こちらの【再都市化ナレッジベース】ページのコメント欄にお願いします。

世界の住みやすい都市ランキング2019年版で大阪が4位でアジアTOPを維持!英誌エコノミスト発表

エコノミスト誌の調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)は2019年の「世界で最も住みやすい都市」(The Global Liveability Index 2019)ランキングでを発表し、オーストリアの首都ウィーンが昨年に続きトップを維持しました。ウィーンは昨年にそれまで7年連続でトップだったメルボルン(オーストラリア)を抑えて首位となっりました。また大阪は昨年より1つ順位を下げ4位になりましたが引き続きアジア最高位となりました。東京は昨年と同じ7位でした。

このランキングはエコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が世界140都市について、治安や衛生、文化、環境、教育、インフラなどを点数化して順位を付けています。

※福島区民さんから情報を頂きました、ありがとうございました!

世界の住みやすい都市ランキング2018年版で大阪が3位!英誌エコノミスト発表



 

 


出展元:https://www.eiu.com/home.aspx

 

EIUは世界の140都市を対象に、5つの項目を基に「住みやすさ」を数値化しランキングを発表しています。それぞれの項目が全体に占める割合は異なり、「安定性」と「文化・環境」は最も重要で各25%、「医療」と「インフラ」は各20%、「教育」は10%となっています。

 

 

 


インバウンド需要が顕著化してから大阪は海外から高い評価を受ける様になりました。これだけのポテンシャルのある街が世界的に無名状態だった事が異常だったのかもしれません。インターネットやLCCの台頭(航空機の大衆化)により、日本の地方都市は「直接世界に情報発信する手段」が得られつつあります。大阪は海外からの評価は謙虚に受け止めつつ、インバウンドの次のステージにステップアップする段階にきています。

 

 

世界の都市活力ランキング「2019年版シティ モメンタム インデックス」の商業用不動産の指標で大阪が世界1位に!



EIUが発表した世界の都市安全性指数ランキング『Safe Cities Index 2017』医療・健康環境の安全性で大阪が世界1位!



Mastercard 調査「2016年度世界渡航先ランキング」で、大阪は急成長渡航先ランキング世界1位。

4 Comments

Akira

大阪は、
世界の住みやすい都市ランキング2019年。
大阪4位 東京7位、海外のメデイアの報道ではアジアの主要都市を抑えて大阪4位、東京7位の快挙と報道。
今年はG20大阪の成功で海外でさらに大阪の知名度がかなりアップされてますね。

世界で安全な都ランキング2019年。 
東京1位、シンガポール2位、大阪3位に入り大阪の躍進が目立ちますね。

副首都

日本が大阪に対して作ってきたイメージと世界が大阪を評価する通信簿との相克でまだまだ前者の方が高いのが実情。日本ではぼろくその安全面で世界三位となれば、大阪は住みよさ世界四位は当然だわな。
今後万博・IRで日本でのイメージも徐々に変化していくはずで、より大事なのは次のステージに移る環境づくりで、市大、府大の統合大学の学部を見ても、新しい時代を見据えた大学の役割に対応しているとは言えない。東京都はヤフーの元社長を副知事にするらしく、金融の強化と併せてAIやIT等新時代への対応が感じられる。
大阪はIRだけでは力不足で、医療やモノづくりのベースとなるテック企業の育成に取り組む環境づくりが急務と思える。
統合大学は市大の当初の理念通り実学志向に徹すべきで、医療、モノ作りだけでなく、IT学部やカジノ研究含む観光学部、先物取引の金融工学や創業支援、ビジネススクール等大阪の産業を先導する人材の提供をすべきである。行政の対応も同じではないか。

摂津

これがSNSがない時代なら誰も知らない状態なんですよね。

匿名大阪市民

これの前に発表された東京が1位で大阪が3位だったやつはNHKがニュース7でさも嬉しそうに報道していましたが、これはスルーされました(←少なくともニュース7では)。東京のほうがランクが上だったとしてもスルーしたんでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です