【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

「ヒルトン・ガーデン・イン京都四条烏丸」 (仮称)京都五条烏丸ホテル計画新築工事の状況 22.07【2022年12月開業予定】

 

​ヒルトンは、合同会社京都四条ホテルマネジメントと「ヒルトン・ガーデン・イン京都四条烏丸」の運営受託契約を締結したと発表しました。ホテルはヒルトンが運営し2022年12月の開業を目指します。開発はモントリオール特定目的会社が行い、同社から委託を受けたオリックス不動産投資顧問株式会社がアセットマネジメント業務およびプロジェクトマネジメント業務を行います。

計画地は京都市下京区烏丸通松原下ル烏丸町397他で、地下鉄烏丸線 四条駅から徒歩約5分、阪急 烏丸駅から徒歩約5分という立地。祇園、 錦市場など人気の観光地や飲食店が集まるエリアまで徒歩圏内の好立地。客室数は250室です。

【出展元】
ヒルトン、日本初のブランドが京都に進出「ヒルトン・ガーデン・イン京都四条烏丸」 、2022年に開業予定

 

 

ヒルトン・ガーデン・インとは?



ヒルトン・ガーデン・インは、49の国と地域で870軒以上を展開するブランドで、日本では初出店。マリオットインタナショナルが展開する『コートヤード・バイ・マリオット』などの中価格帯のビジネス志向ホテルと競合しています。

レストラン、バー、フィットネスルームのほか、スナックや地ビール、コーヒーなどを購入できる24時間営業のセルフサービス式店舗「The Shop(ザ・ショップ)」を備えているのが特徴です。レジャーおよびビジネス目的のお客様に、高品質でありながら手頃な価格での宿泊を提供します。

ヒルトンは世界118の国と地域に、6300軒以上(約100万室)のホテルを展開しており、京都での展開に関しては、ヒルトンはガーデン・インのほか、ラグジュアリーブランド「ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts」が2021年9月にオープン済み、2024年12月にはヒルトン京都も開業するなど、多様な顧客層を狙う様々なブランドを展開することで、多様化する旅行トレンドやニーズに対応していく方針です。

 

 

計画概要

ホテル計画概要(予定)
名称:ヒルトン・ガーデン・イン京都四条烏丸
計画名称:(仮称)京都五条烏丸ホテル計画新築工事
所在地:京都府京都市下京区烏丸通松原下ル烏丸町397他(地番)
延床面積:10,827.82 ㎡
客室数:250室
付帯設備:レストラン&バー、フィットネスルーム、ザ・ショップ
開業:2022年12月

 

2022年7月の様子



現地の様子です。前回の撮影が2022年5月だったので、約2ヶ月振りの取材です。

 

 


西側から見た様子です。足場が解体され建物が姿を現していました!ほぼほぼイメージパース通り、といった感じです。

 


頂部付近の様子です。ヒルトン・ガーデン・インのロゴマークが取り付けられました。

 

 


北西から見た様子です。烏丸通側から見ると小規模なホテルみ見えますが、かなりの不整形地でアメーバの様なカタチをしており、客室数は250室もあります。

 

 


近くで見上げた様子です。

 

 


ロゴマークのアップです。

 

 



撮影ポイントを変えて、北東側から見た様子です。建物が歪なカタチをしている事が良く解ります。

 

 


最後は東側から見上げた様子です。

 

 

1 2 3

2 COMMENTS

H

逆に都心のこの建設予定地周辺の京都らしさを聞かせてほしい。

くぼけん

もうホテルばっかり要らんでしょ・・・。都心とはいえ京都が京都らしくなくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。