【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

WHATAWON(ワタワン)が蜻蛉池公園向かいに誕生!「等身大の非日常」が体験できる複合施設【23年10月~24年4月開業予定】



ファッションブランド&セレクトショップ「ANTIQUA(アンティカ)」を運営する株式会社antiquaは、大阪府岸和田市で「等身大の非日常」が体験できる複合施設「WHATAWON(ワタワン)」の建設工事を進めています。

場所は、年間100万人の来場者を誇る「蜻蛉池(トンボ池)公園」の真向かい。施設は、約29,000㎡の敷地面積に、約6,000㎡の建物面積を計画。物販ゾーン・マルシェゾーン・癒しゾーン、EAT’N PLAY COURT YARDには、合計で約70店舗程度が入る予定となっています。

【出展元】
“等身大の非日常。朝晩、ワタワン。”おしゃれも、グルメも、カルチャーも 体験できる複合施設が大阪・岸和田に2023年秋~2024年春の開業へ向けて始動。
WHATAWON(ワタワン)公式HP

WHATAWON(ワタワン)は、家族で楽しめる施設を目指して、イギリスのボックスパークのような「物販ゾーン」、「グランピング&キャンプゾーン」「マルシェゾーン」、美容針や美筋ヨガが体験できる「癒しゾーン」ライブを楽しみながら多国籍な食が味わえる「EAT’N PLAY COURT YARD」、「温浴ゾーン」6つのゾーンで構成さた複合施設となります。

 

 



共有の飲食スペースは、光をたくさん取り込むテント屋根を採用。横15m×縦50mの大型テントが4棟並ぶ様子は大迫力で、夜は照明の光がテント屋根から溢れます。

 

 


また、公園施設と、お子さまをお預かりするサービス(プレイルーム)も設置予定。落ち着いてお買い物を楽しんでいただける仕組みづくりが行われます。

 

 



『WHATAWON(ワタワン)』の施設名称は、「WHAT A WONDERFUL WORLD」を略した造語で、世代や性別、国籍や障がいの有無に関わらず、ワクワクできる場所を作りたいという思いを込められました。2023年秋~2024年春の開業へ向け、開発が行われます。

 

 


『WHATAWON(ワタワン)』は、イギリスのボックスパークのようなショッピングエリア、グランピング、多国籍な食材が買えるマルシェゾーン、癒しゾーンに、それぞれ異なるコンセプトを持つテント4つ並ぶ大型FOODHALLなどが1箇所に集まった、一風変わったショッピングセンターになりそうです。規模感は異なりますが、三重県のVISIONをコンパクトにしてリパッケージした様な印象を受けました。

ファッションブランドの「ANTIQUA(アンティカ)」が仕掛ける異色のショッピングセンターがどうなるのか?今から興味津々です!

三重県多気町『VISON(ヴィソン)』パーフェクトガイド(駐車場・マルシェ ヴィソン編)



 

WHATAWON(ワタワン)の概要

所在地:大阪府岸和田市岸の丘町一丁目32
交通:(車)阪和道岸和田和泉ICから5分、(電車)南海電鉄 岸和田駅⇔JR阪和線下松駅⇔ゆめみが丘
敷地面積:約29,000㎡
建物面積:約6,000㎡
開業:2023年10月~2024年04月(予定)
公式HP:https://www.whatawon.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。