MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

【和歌山IR】サンシティグループが 和歌山に新事務所を開設!統合型リゾート「和歌山IR2.0」を推進へ



統合型リゾート「和歌山IR2.0」の実現を目指す、サンシティグループ ホールディングス ジャパンは、地域住民が活用出来るコミュニケーションスペースを併設した和歌山事務所を2020年9月10日(木)に開設しました。サンシティグループは、マカオを本拠地とする総合エンタテインメント企業で、和歌山県が実施する「和歌山県特定複合観光施設設置運営事業」(IR事業)の公募へ参加しています。

【出展元】
サンシティグループ ホールディングス ジャパン 和歌山事務所 2020910日(木)プレオープン

 

正式名称
サンシティグループ 和歌山事務所

住所
和歌山県和歌山市中573-19
ふじと台ステーションビルエスタシオン東棟1階

交通手段≫
南海電鉄 和歌山大学前(ふじと台)駅 直結ビル(東口改札口より駅前広場に出て左側)
南海和歌山市駅から7分
南海なんば駅から特急サザンで約50分

電話番号
TEL073-499-8011  FAX073-456-1200


 

 



新事務所は南海電鉄和歌山大学前(ふじと台)駅に直結し、事務所スペースに加えて、一般利用が可能な354.03㎡のオープンスペースを設けられました。
日本初の統合型リゾートのライセンス獲得を目指すためのプロモーション拠点で、和歌山の活性化につながる様々な活動を行い、「和歌山IR2.0」を具現化するための地域に根差した推進拠点となります。

 

 



新事務所は、一般開放されたカフェやコミュニティイベントスペース提供することで地元住民にとってのリソースの役割も果たします。サンシティはギャンブル依存症や「活性化アイデアソン」といった様々なイベント開催を予定しています。

 

 

 



日本版IRについてはコロナ禍の影響を受け全体的に停滞している状況ですが、このタイミングでサンシティグループが 和歌山に新事務所を開設し、PR強化に乗り出したのは驚きです。ライバル他社が足踏みしている間に少しでもアドバンテージを作りたい「何が何でも和歌山IRを実現させる」。そんなガムシャラでしたたかなサンシティの姿勢が感じられました。

 

 

 

 

【和歌山IR】和歌山IR誘致、RFP(運営事業者公募)の応募事業者は「クレアベスト」と「サンシティ」の2社



【和歌山IR】サンシティ・グループがツーリズムEXPOジャパン2019 大阪に和歌山IRの精巧な模型を展示!

3 COMMENTS

サジャ

和歌山は観光の宝庫なのですけどね。大阪からはちょっと遠い感じなのですが、それが又「よし、観光にいくぞ、行楽だぁ」という感じがして大阪人にはかなり嬉しいです。何故なら安くどこかへ行った気分が味わえます。
横浜市は反対もあるしで地元がウエルカムな処に作れば良いんじゃないですか?
失敗しても納得しますが反対の挙句失敗だったら暴動モノです。
後々のインバウンドを見据えているわけですよね?
だったら長崎・大阪・和歌山で良いと思います。サンズも去った様ですし。
後出しジャンケンで良さげな処に進出してくるかもしれませんが。

通りすがり

二回さんなのか、Hey蔵さんなのか、影響力が色濃くでていますね!?
ホテルの模型ですが奈良の西大寺と天理教の母屋に ¬_¬ 見えてしまします。。(ネガティブですみません。。)
長い間、高速道路が延伸せず、「和歌山は遠い」のイメージが払拭できるかが成功の一つのカギになるかと思います。

大阪淀屋

総裁選が終われば動き出すが、懸念は総選挙の日程、消費税増税を打ち出した候補者だから、選挙関係なしに動き出すと期待したい。
候補者の地元横浜次第で和歌山は最有力となる、なんといっても実力政治家の地元。
横浜、大阪、長崎か横浜、大阪、和歌山か大阪、和歌山、長崎が最有力。
反対運動が強いのは横浜だけ。
関空発展のために近畿で二か所のIRは大歓迎。関空発展すれば企業立地としての大阪の価値も高まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です