【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

ローレルタワー名古屋栄は、近鉄不動産初の分譲・賃貸複合タワーレジデンス!


ローレルタワー名古屋栄は、名古屋市中区栄一丁目に所在する、地上21階、高さ72.65m、総戸数124戸のタワーマンションです。建築主は、近鉄不動産、設計はIAO竹田設計、施工は奥村組が担当。 20184月に着工し、20211月竣工しました。近鉄不動産初の分譲・賃貸複合タワーレジデンスで、高級賃貸フロアは48戸、分譲住戸76戸の構成となっています。

 

計画概要


名称:ローレルタワー名古屋栄
所在地:愛知県名古屋市中区栄一丁目703-3
交通:地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」駅徒歩4分
階数:地上21階
高さ:72.65m
構造:鉄筋コンクリート造
主用途:共同住宅
総戸数:124戸(分譲住戸76戸、賃貸住戸48戸)他に店舗1区画
敷地面積:1,312.90㎡
建築面積:798.61㎡
延床面積:11,625.07㎡
建築主 :近鉄不動産
設計:IAO竹田設計
施工:奥村組
着工:2018年04月
竣工:2020年01月
入居:2020年02月

2022年7月の様子


現地の様子です。焦げ茶色の外観は、かなり高級感があります。近鉄不動産は、会社のイメージは若干地味ですが、物件デザインは洗練されており、基本躯体などがしっかりしたマンションを建てるので個人的に好きです。

 

 


エントランス付近の様子です。クラシカルなデザインが落ち着いた印象です。

 

 


最後は北西から見た様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。