【再都市化ナレッジデータベース】

JWマリオットホテル奈良が7月22日開業!マリオット最高級ブランドが日本初進出


マリオット・インターナショナルは、奈良市三条大路1丁目の奈良市役所向かいに「JWマリオット・ホテル奈良」を7月22日に開業させました。このホテルは、奈良県が進める、コンベンション施設やNHK奈良放送会館などを複合する大型再開発事業の核となる国際級ホテルで、森トラストが開発を担当。

JWマリオット」は、同社が展開するホテルの中でもトップクラスのラグジュアリーブランドで、30を超える国と地域に95軒以上展開しており、日本に進出するのは今回が初めてとなります。また、奈良県初の外資系ラグジュアリーホテルの進出となりました。

 

【出展元】
JWマリオット・ホテル奈良」を2020722日(水)に開業決定

 

JWマリオットホテル奈良計画の建設状況 20.04【2020年5月開業】



 

 

当ホテルのデザインは、数々の名だたるラグジュアリーホテルでの経験を持つロンドンのG.A Designが手掛け、奈良の自然美と伝統を尊重したデザインとなりました。ロビー天井の木材梁は奈良の寺や家屋に見られる特徴を再現し、リニア暖炉は毎年行われる伝統的な若草山焼き、レセプションの後方には奈良を取り囲む山々を描き、豊かな金糸で夜明けや夕暮れのきらめきを表現した壁一面に広がる布織のアート、ホテル内に敷かれたカーペットは、古代の地図をイメージしたものです。

 

館内には、オールデイダイニング「シルクロード ダイニング」と日本料理「校倉」の2つのレストランとロビーラウンジ・バー、24時間利用可能なフィットネスセンターと屋内プール、スパ「SPA by JW」、宴会場、会議室が設置されました。ミニ菜園「JWガーデン」では、利用者がハーブを手摘みし、摘み取ったハーブをカクテルや料理で提供するといった体験も楽しめます。

 

 

客室は16室のスイート、12室のエグゼクティブルームを含む全158室。贅沢なゲストルームは、温かいオレンジ色と自然な土褐色の色使いは、奈良で行われる伝統的な「若草山焼き」への敬意を表しています。また、楽しく気持ちが高まるご滞在のインスピレーションを感じられる、奈良を象徴する鹿を取り入れたデザインとなっています。

奈良県初のインターナショナル・ラグジュアリーホテルの誕生は、奈良県の観光産業にとって非常に大きな意味があると思います。jwマリオット奈良がコロナ明けに堅調な稼働率を示せば、あとに続くホテルオペレーターが出てくるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です